フィギュアスケート競技の投げ込みについて

やっと男子フリーを最終グループ以外にもちょこちょこ見ました。
ボーヤン君とコリヤダ君が良かったのが嬉しかったです。

刑事君も良かったですよ。
衣装が、素敵ですがウィリアム・テルっぽくない上に、重く見えて好きではないですが。
なかなかノーミスとはいかないですが、前みたいに大きく自爆することは少なくなってきてるし、少しづつでも彼なりの進歩がちゃんと見られます。
羽生君、宇野君と大きな開きがあるように見られがちですが、地方大会とかから見ていると、女子より競技人口が少ないとはいえ、あの位置に来るのは大変で凄いことなんです。
羽生君と同年代でもあるだけに、同じ試合に出ることも多くて辛い思いをしたりもしたかもしれませんが、私は刑事君のスケート大好きですよ。

さて、前の記事で、競技後の投げ込み、特に羽生選手の後のいわゆるプーシャワーについて、別にどうとも、そんな目くじら立てるほどの事かな、と他の選手の代弁みたいなことが嫌いなこともあり、そんな感じだったのですが、あれどうかという意見を多く見かけて、改めて録画を見ると、うん、やっぱり異様ですね。

私が今まで見た中で一番凄かった投げ込みは、いつのなんの大会かは正確には覚えていませんが(四大陸だったかな)、韓国開催でのキム・ヨナさんの時ですね。
滝のように凄まじく、きつい言い方すると、投げ込みって度が過ぎると汚物に見えるんだと思いました。
一人ひとりは良かれと思っての事でしょうし、ヨナさん自身に対してどうこうでは決してないですが。
それだけ絵面が汚かったし、ヨナさんに対する負担が大きいように感じられ、彼女が可哀そうに見えました。

それに比べればかなりマシに見えましたし、ぬいぐるみの方が回収が容易に見えますし、、また今シーズンでのロシア大会(ロステレコム杯)では、迅速に片付けるので遠慮なく投げ込んでね、といったノリだったみたいなので、それまでプーシャワーどうかと思っていたファンも、そんな堅く考えなくていいのかなと思った人もいたでしょう。
本人にしてもファンにしても、投げ込みは彼だけじゃないので、自分たちばっかり非難されるのかという思いもあるでしょう。
よって本人に何か控えるように言ってくれと要求するのは酷とは思っても、それでも何か言ってくれる人であって欲しかったという願望は多少ありましたけどね。

まあ、プーシャワーについては、アンチがネイサンを叩き棒にして叩いているようなのもチラホラ見られたので、同じにしてほしくないという思いもありましたね。
でも、競技について真剣に考えてのことで、という所も多かったですし、もう羽生選手も20代半ばですし、ああいうのはちょっとね。
それに今回運営側の見通しも甘かったのか、ワラワーガール(ボーイ)の数も少なかったようですし。
ただ多ければ多いで、氷もそれだけ削られるしね。

あれはやっぱり危ないです。
想定済みだった後続のネイサンは、落ち着いていて大人の対応でしたが、なので外野が代弁して騒がなくてもと思いましたが(前述したように他選手を利用したアンチとも思われたくなかったですし)、問題なのは本人がどうというよりも、見てる側が不公平と感じられるものがあったという事です。
何が起きるか分からないのが競技ですし、完全に公平は無理としても、取り除ける不公平は取り除こうよ、ということです。
度が過ぎると見た目も悪いですしね。

選手はなかなか言えないでしょうし、今回ラファエロコーチが、自分は羽生ファンだよ、と前置きしたうえであの投げ込みに苦言を呈してましたが、コーチとしては選手の言いにくいこともいって守るのも仕事でしょうから、当然の事だと思います。
そう言われる前に、気づけたら良かったのにね。

前にも書いたように、ジャパンオープンとか投げ込みなかったけど違和感も何もなかったですし、全面禁止にした方が良いと、結局そう思いました。真剣な競技の場ですし、拍手だけで十分ですね。

スポーツウォッチャーご出演(短い)

町田樹さんが、世界選手権男子終了後のテレ東での「スポーツウォッチャー」に出演されましたが、短いよー。
終わったばっかりでまとめるのが大変だったのか、噛み気味だったし。ちょっとハラハラしちゃった。

でもお肌綺麗になってましたね。
ライブドアインタビューでのお写真も綺麗でしたが、大分光で飛ばしてもらってるのかと思ってました。
スケーターの時は、やっぱりお肌に負担がかかっていたのかな。
大柄な方々に囲まれて、小さくて可愛かったです。立ち姿が美しい。

時間がないので羽生君が主でしたが、振り返り映像で、フリー1番のハイライトだった4T3Aをスルーって。

ともあれ良かった点を挙げると、4Aは必殺技ではないですよ、と伝えた所。
年齢的なものもあり、怪我のリスクが大きい。(年齢のこと質問した、中畑さんだったかな、はナイスでした)。
ネイサンたちが跳んでいる4ルッツと、そんなに大きな点差はない。
リスクを背負ってまで開発する技なのか。

勝つためというより、誰もやったことのない技をやるというロマンを追い求めているのではないか、と。
実際4T3Aにしたって、ものすごく難しいことをやってる割に、そんなに点数的に旨味があるかというと、そこまでではないと思うのですが、誰もやったことのないという事に重きを置いているのでしょう。実際会場湧きましたからね。
羽生君らしいですね。それはそれでかっこいいです。

真央さんの時の3A、今の紀平さんでもそうですが、大技さえ成功すれば勝てるみたいに報道されがちですが、町田君は、4Aは勝利の鍵にはならないと明言。怪我のリスクにも言及。
それでいて羽生君の挑戦を否定するでもない、なかなか上手い匙加減だったと思います。

フィギュアスケートの点数というのは、大技だけで決まるのではなく、もっと細かいものだ、というのも伝えていたのも良かったです。
もっともセカンドループにもリスクありますし、その他の四回転についてもそうですし、羽生君は難しい入り方をしたり細かい事色々やっているので、その辺り言及してあげてもよかったかなと思いますが。

また、こういう大きな大会だけでなく、放映されてないけど、ユニバーシアードでは三原選手が優勝していて、今回の世界選手権には出てないけど、有望な若手もいるよ、ということと、ペアのアイスダンスも、ちょっと言っていたところでしょうか。
こんなところかな。


今大会の男子の個人的感想、というか羽生君の感想ですが。
それ以外の選手については、はまた今度。
ゆづ君ファンには、ごめんなさいな感想ですが。

SPは、前回書いたように素晴らしかったと思います。ジャンプミスがあっても、心打たれました。

フリーはねえ、結局最後まで好きになれなかったな。
髪型といい衣装といい、演出的にはかっこいいと思いますよ。
ジャンプは凄かったですよ。怪我からよくここまで来たと思います。
会場も沸いた4T3A!フィンランド杯の時より美しく、さすがにこの場面では心震えましたよ。
ザキトワの時も書きましたが、難しい事を次々繰り出されると、それだけで感動するのは確かだと思います。

ただ、ジャンプ凄かったですが、それだけというか。
そもそも元ネタが芸術性が評価されたプログラムなので、それだけに今回は、その、町田君の言い方を借りてしまうと芸術性が感じられないというか。(町田君がこのプログラムについてそう言ったわけではないですよ。誤解のないように、一応)。
造形の良さと顔芸に惑わされるが、面白くないプログラムという印象は拭えなかった。
正直ここまでこのプログラムが絶賛されてるのがよく分からない。プルシェンコ自身は以前「ニジンスキー要素はどこに?」と言っていましたが。
まあ概ね好評なので、私一人気に入らなかったからって別に、ねえ。
個人的感想なので。何度も言ってるように、技術は凄いと思いますよ。

来季は三白眼以外の表現が見たい。
年齢的な事考えると、怪我のリスクも高まるので競技は引退してもいいと思うのだけど。プロスケーターになってもいいんじゃないかな。

あとは、演技とは関係ないけど、ぬいぐるみ投げ込みについては、すごい目くじら立ててる人けっこういますね。
でも別に違反じゃないですよね。もっとも指定の場所以外から投げている人がいるなら、それはいけないと思いますが。
後に滑ったネイサンも無問題と言っているし、選手が何にも言ってないのに外野が勝手に怒りまくるのもねえ。
まあやるたびに怒る人がいるのもうっとおしいし、全面禁止にしてもいいんじゃないかな。
ジャパンオープンは禁止でしたが、違和感なかったよ。寂しいとも感じなかったし。

後、「負けは死も同然」発言。正直ドン引きした。
こういう所が好きになれないところなのよ。
もちろん、ものの例えでしょうよ。それだけの覚悟でという事でしょうよ。それは分かってるよ。

でも、震災支援活動をしていたり、この大会に出るはずだった選手で亡くなった方もいたりしますし、そんな安易に死という言葉を使っていいものか。
大体他の選手に失礼でしょうが。
町田君も昔、一歩下がれば死みたいな事言ってた気がしますが、意味合いが違うし。
なんか、すみませんね。個人的感想なので。

フィギュアスケート世界選手権男子SP、ちょっとだけ

ライブドアニュース、町田樹君インタビューが掲載♪
http://news.livedoor.com/article/detail/16197815/
写真が!後でゆっくり読もう。

さて世界選手権、女子で地上波はうんざりしてしまったので、男子SPは、一応録画はしてあるけど、ネット配信で見ました。
といってもまだ最終グループだけしか見てませんが。
いや、ストレスなくていいね。
でもやっぱりテレビでみたいし、実況、解説くらいはあった方がいいので。

3人共冒頭四回転に家出されてしまった日本勢ですが、羽生結弦選手の演技に、正直初めて心震えた。
ジャンプ全部決めて銀河点出したりしたときより感動した。
「秋によせて」としてそれでいいのか?というのはあるけど、ここまでされたらもう脱帽。

最初は、私は羽生君の上半身の表現、腕がダラダラして見えるとことか、あんまり好きではなく、今回も最初はそう思って見ていたのですが、ステップ前の、音楽とマッチした、なんだか変わったスピン、からのサビのステップ。
心震えましたよ。
今回のSP,だんだん良くなってきているとは思っていたけど、ここまで心打たれるものになるとは思いませんでした。
最初文句いってすみませんでしたって感じ。
なんだかずっと三白眼で顔が怖かったので、大丈夫かなあと思っていましたが。
衣装も素敵だし、完全にジョニーの真似ではなく、自分のものにしていたと思います。

ま、報道はジャンプ失敗、点数順位の事にか言わないだろうけどさ。
しかし、ふんぬー!!って感じのだけでなく、せっかくの素敵な笑顔が生かせるプログラムも見てみたいな。
ガーナのCMいいよね。「オッケー」ってやつ。

町田君もお気に入りの、宇野昌磨選手のSP。
いいですよね、「天国の階段」
今までにない表情、表現力だったとおもいます。
状況に応じて、咄嗟に難易度を下げる判断をするというのは、決して悪い事ではないので、「逃げて」というネガティブな言葉は、悪い意味でなくても、自分で使わない方がいいと思う。
彼は実は思ってるより繊細な人なのかな?
前みたいに、マイペースな事言ってる昌磨君の方が好きかな。

ジェイソン・ブラウン選手は、マッティオ選手もですが、4回転より、彼にしかできない動きや表現で勝負し、良い方にでていると思います。
4回転家出する選手が多くいると、SPに入れてなくて、それ以外に強みのある彼らが強い。
(後で見ましたが、マッティオ選手は今回SPに4回転入れてますね。ごめんなさい。素晴らしかったです)
キーガン選手は、転倒してするっと立ち上がったのは良いけど、途中で失速したかな。
最初滑り出しだけで目を引く選手ですよね。彼のカナダらしいスケート、大好きなんですけど。

小塚君イチオシのコリヤダ選手、好みの選手だけに、復調してくれないのが辛い。
身体の調子もよくないのかな。頑張れロシア男子のエース。

ネイサン・チェン選手、やりましたね!
ヴィンセント君も良かったみたいだし、今回の男子は、アメリカ強いですね。
「キャラバン」は小塚君のイメージがあるのですが、ネイサンにも合ってますね。

ちょっと色々忙しいので、一週間くらいかけて見ると思います。
ペアやアイスダンスも、素晴らしい演技のようですし。

フィギュア世界選手権開幕

フィギュア世界選手権始まりましたね。
日本開催なんだから全部生放送してくれてもと思いましたが、ペアはないのね。
深夜あたりにやるのかな。確かめておこう。

女子SP、レベル高かったですね。
日本でいい演技してくれると嬉しい。

ツゥルシンバエワ選手の躍進に驚きました。
同じカザフスタンのテン君も、天国で喜んでいることでしょう。
エテリコーチなのね。細い子好きなのかな。
バレエのレッスンを熱心に受けている動画見たことがありますが、そのせいか手足ひょろ長くても雑な感じも少なくて、このまま素敵な選手になっていって欲しいです。

メドヴェージェワ選手、素敵なお衣装が帰ってきました。
新SP「トスカ」、ミーシャ・ジー振付だったのか。
トスカというと、どうしてもプルシェンコが浮かんできてしまったりしますが、変えたのは正解だったと思います。
彼女に合っている。

ザキトワ選手、良い演技で嬉しいです。
以前にも書きましたが、好みではなくても、ここまで凝った難しいことを次々こなされると、それだけで感嘆します。誰にもできないことをやっているわけですからね。

坂本花織選手、素敵でした。
以前にも書きましたが、ショーナンバーだったら素敵ですが、競技だと、下した髪や長めのスカートが邪魔に見えてしまうのですが、演技は素敵でした。
彼女の強みは、回転不足のない、飛距離のある加点の付くジャンプが跳べることですね。
3ループとか素晴らしいですね。
難しいことを、あらかさまではなく流れに乗ってやっている。
来季、3Aも念頭にあるそうですが、このまま質の高いジャンプを維持した方がいいのではないかな。
ほんと加点が凄いですから。
あと、スパイラルもうちょっと上手くなって欲しい。個人的には、ジャンプよりそっちだ。

宮原知子選手、回転不足が残念でしたね。
全体的に、全日本の方が良かったかな。フリーに期待。

紀平梨花選手、可憐ですねー。
3Aだけじゃない、トータルパッケージの選手。真央さんの時にも、ちゃんとそう評価されていたらなあ。


それにしても、ライブにも関わらず、フジの放映、相変わらずストレス多かった。
CMばっかりなのは仕方ないにしても、最終グループの事ばっかり。しつこいわ。
男子が思いやられる。羽生君に罪はないけど、今からうんざりする。
ネット配信に頼るな。やっぱりテレビで見たいのよ。

あと、カメラワーク。
いい所で天井カメラで遠くに引くのは一体何なの(怒)。
ちなみに昔は、身体の一部アップでイライラする事多かったな。
普通に全身映してくれたらいいのよ。

解説は荒川さんでしたが、ジャンプの名前だけでなく、入り方なども解説あると、かおちゃんやザッキーの点数が高い理由が分かりやすいと思います。

全国高等学校フィギュアスケート大会

もうけっこう前なので今更ですが、例によってオンデマンドで、男女フリーを見たので。
今は世界ジュニアや、ユニバーシアードが話題ですね。
もうすぐワールドも始まりますし。

全中、インカレを見たので、間のインターハイも見とこうというわけで。
まず印象的だったのが、この時期一年生と三年生では、体格が如実に違うということ。
この変化に対応するのは大変だと思います。
高校生のこの時期を、どう乗り越えるかにかかっていますね。

またやはり、下位から見ると、上位や世界レベルの大会の凄さが分かる。
下位をディスってるわけではなく、それだけフィギュアスケートというのは難しいのだと改めて分かる。
腹筋背筋といった身体が出来てないと、まず転んで起き上がるのさえ大変なんだ。

スピード感が全然違いますね。
特にフリーとなると、4分間見るに堪える演技をする選手が上位以外いない。
男子のフリーが短縮されて見る側から不満が多かったのが、実は私は意外だった。
だって男子の4分半て、一部除いて「長い」と感じることが多かったもの。
ジャッジは大変だったと思うよ。
白い氷一日中見続けてると目がおかしくなってくるとも聞いたことあるし。

全中、インハイ、インカレと、あまりこれまで見る機会のなかった大会を見て、なかなか面白かったです。

本日は

本日3月9日は、町田樹さん29歳のお誕生日という事で。
いやあ、月日のたつのは早いね。
私がフィギュアスケートを熱心に見始めたのはトリノ五輪前年あたりからですが(バンクーバー五輪が終わった後は、ちょっと離れてましたが)、その時ファンだった高橋大ちゃん始め、みんな色々な道を歩んでいます。
私は・・・あんまり成長できてないな。頑張ります。

Twitter上ではお誕生日ファンアートが花盛り。みんな凄い!

「KENJIの部屋」特別編

とりあえず、少しだけ。
ゲスト側が町田君なのだが、彼の相手を本気に真面目にさせ、話を聞き出す能力に感心しました。
前回、コミュ障みたいな事一部で言われていたけど、そんな事ないんじゃないと書いたけど、実際それどころか、コミュニケーション能力がかなり高いと思いました。
ただ、本人の思う余計なコミュニケーションを取らないだけなんだな。

アイスダンスの事とか、振付の事とか、あんな真面目な賢二先生は初めて見たな。
お互いのかっこ良さを引き出した、良い対談でした。