Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あさひなぐ」23巻

<<   作成日時 : 2017/06/17 13:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


あさひなぐ(23) (ビッグコミックス)
小学館
2017-06-16
こざき亜衣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あさひなぐ(23) (ビッグコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


最後にこの作品について書いたのが何巻だったか忘れてしまいましたが、今これが最新刊だと思います。
スピリッツ連載中の、高校薙刀漫画。

乃木坂46を中心に、舞台化、映画化が決まっているようです。
映画のPV動画で見ましたが、なかなか良さそうです。

こうしたアイドルというだけで、即拒否反応起こす人とかいますが、自分は別に。
作者様も喜んでいらっしゃるようですし。

21巻の最後からこの23巻は、関東大会の様子が描かれていますが、河丸摂という、ユニークな新キャラが登場しています。
持病を持っている子ですが、その子なりの薙刀の付き合い方があり、どう薙刀と向き合うかは千差万別なんですね。
「私は武道がやりたいのであって、部活がやりたいわけではないのです。」
いいですね。
こういう関わり方があってもいい。

自分一堂寧々は嫌いなキャラですが、そもそもああいう考えで部活に入るという事自体がよく分からなかったし、(武道は人を敬う精神があってこそでは?よく知らないけど)他の國陵メンバーの先輩や先生の甘さもあり得ないと思ったし、部活に入らないで一人でやれば良かったのではと思わざる得なかった。
最初の方なんて、ほとんどキ〇ガイだったし。
一堂寧々が好きな方には申し訳ないですが、自分には不可解かつ不愉快なだけのキャラだった。
あれが何故人気だったのか。
今は多少軟化しましたが。

部活に恋に、旭ちゃんは青春真っ只中って感じですね。
自分には縁遠い・・・
夏之君が出てくる場面って、正直個人的にはあまり面白くないのですが、段々見やすくなってきてると思います。
いや、薙刀場面が秀逸なので、恋バナ場面は邪魔のように思えるんですよね。
でも不可欠な要素ではありますし。

全体的にこの作品の素晴らしい所は、とてもたくさんのキャラクターが出ていながら、それぞれキャラが立っていて、誰が主役でもおかしくないという所だと思います。
そんな中、主人公はちゃんと存在感ありますし。
顔の描き分けもちゃんとしていて、見分けがつかないという事もほとんどない。

今スピリッツの方では、絶対王者、熊本東高校の様子が描かれていますが、和歌山合宿の描写を思い出すと、「???」と思える所もあるのですが・・・・・
(島田さんはたしかに高校から始めたという描写が以前ありましたが、正木さんと百合音さんも高校から始めた事になっている。特に百合音さんは、寧々の幼馴染っぽい描写なかったっけ??)
設定を変えたのだと思いますが、ちょっとまずいのでは。
あれをなかった事にしろと?
百合音さんは、寧々と幼馴染だけど薙刀はやってなかった事にするとか?
なんにしても、面白いからいいか。頑張れ島田さん。

旭ちゃんの、今後の成長が楽しみです。
せっちゃんも、また出てきてほしいな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「あさひなぐ」23巻 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる