Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 「おんな城主 直虎」 第十回「走れ竜宮小僧」

<<   作成日時 : 2017/03/13 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しばらくドラマの感想は書かないと言った上に、まだいいかげんにしか見てないのでアレですが、とりあえず

    遠州錯乱は??

桶狭間後だってのに、えらい呑気な井伊谷だな。
コナン君ごっこしてる場合なのか??
殺人事件だから呑気ってのも何だけど、何だかね。

そんなにこの辺り詳しいわけでもないので、変な事言ってたら申し訳ないですが、桶狭間後って国衆大混乱なんじゃないの?
他の国衆の様子とか、ほとんどどうなってるか分からない。
飯尾田鶴は出さないつもりか?

直政(虎松)誕生が桶狭間合戦から一年後。
寿桂尼の孫の鵜殿長照の死がさらに一年後かな?
その間、井伊はじめ国衆の動向は、はっきりしてないかもしれないけど、なんか呑気っぽいなあ。これじゃあ滅びかけるわけだよ、と思ってしまうが、いいのか?

それに清州同盟等、歴史的背景も例によっておざなりだなあ。
主人公の視点だけでってことかもしれないけど、歴史ドラマとしてどうなのか。
レベルの低い内輪もめばっかりじゃないか。
氏真だって、この間ボーっとしてたわけじゃないぞ。
氏真を暗愚にするのはやめてくれ。

仕事せずに怨霊に怯えて写経してたら、ようやく周囲の目が和らぐって、もう出て行けばよかったと思うよ。いる意味ないじゃん。
政次はなんのために井伊谷にいるのか分からない。

仕事したら嫌な目で見られるなら、前にも言ったけど、出奔すればいいじゃん。
いい機会だったんじゃない??
幼馴染のしがらみ?下らない。
しつこいけど、実際は別に孤立してたわけじゃないと思うよ。
不自然なんだよ、この描写。
周囲が単なる苛めっ子みたいじゃないか。

父上はお気の毒って、気の毒なのは史実の奥山朝利だよ。
それと史実のしの(ひよ)さん。
実際どんな人かなんて知るわけないので、ここでよく言ってる史実の人が云々は、つまらないという意味です。
奥山朝利は、小野政次に殺された説はあるけど、実際のところはよく分からない。

奥山朝利って、実際はえらいたくさん子供がいたみたいで、たしか中野に嫁いだ娘もいたと思う。
むしろ井伊をのっとる勢いに見えたのは奥山の方で、それで小野政次は奥山を殺害したのでは、なんてまことしやかな説もある模様。
マユツバですけどね。
なんにしても、井伊の親戚筋で中野に嫁いだ娘もいる以上、あんな風に政次に対して疑心暗鬼になったあげく襲い掛かる、なんて変なことはなかったと思う。
真相はもう分からない。

二度も直親の父を殺して、と言われても、直親と奥山の親しいシーンなんて見た覚えないから、ピンとこない。
政次は、色々気にしいだな。あと、基本小心者だね、この人。
高橋一生さんだから、なんか助けてあげたいとか思うけど、でなかったらどうだろう。

直政誕生で直満の土地を全部返したけど、あれ今川から拝領したんじゃなかったっけ?
好きにできるものなの?知らないけど。

直親は最期が近いため、直前になって上げてきたな。
だんだん政次との仲がこじれてドラマの世界が地獄へ、というのではなく、いったん上げて突き落とす、というなんとも意地悪な今後の展開のやり方ですね。(これは別に貶してるわけではない)。

話少し変わりますが、家康が直政に目をかけたのは、美少年だったからとか言われてますが、築山殿の母親が井伊の人間だったから、という説もある。
となると、やはり悪女ではなかった、と思う。

家康は井伊の恩人のように思われてますが、よく考えると井伊谷にとっては、この人が元凶なんだよな。
武田と荒らしまくることになるし。
松平元康時代の家康は、そんなにドラマで見る機会ないので、どうなるのか少し興味深いです。

録画はしてあるので、ちゃんと見たらまた印象かわるかもしれませんが、今はこの辺で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「おんな城主 直虎」 第十回「走れ竜宮小僧」 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる