Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 持統天皇関連

<<   作成日時 : 2016/12/02 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


古代史再検証 持統天皇とは何か (別冊宝島 2490)
宝島社
2016-08-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古代史再検証 持統天皇とは何か (別冊宝島 2490) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


先に持統天皇について触れたので、読んだ事あるものを載せてみました。
こちらは、持統天皇に対して、けっこう手厳しいものもあります。
私のような初心者には読みやすかったです。
古代は複雑ですなあ。


魔百合の恐怖報告コレクション 9 私娼館の怪 (HONKOWAコミックス)
朝日新聞出版
2016-06-30
山本まゆり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔百合の恐怖報告コレクション 9 私娼館の怪 (HONKOWAコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


山本まゆり作の、寺尾玲子シリーズ。オカルト系
この中の「闇に笑う女帝」に持統天皇登場。
持統天皇って素晴らしいと思う人には向きません。


天上の虹(1) (講談社漫画文庫)
講談社
里中 満智子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天上の虹(1) (講談社漫画文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


読んだことないけど、ついでに。
持統天皇が主人公らしいけど、日本書紀を元とした、かなり美化されたものではないか??
これが本当だと思う人が多いかもと思うと、危険な気もするけど。
読んでないのでどうとも言えないし、今となっては本当のところが分かりませんけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。12月入ったら寒くなりましたね。お身体大丈夫ですか?持統天皇関連書籍御紹介ありがとうございます。
宝島は私も愛読しておりますが、中々攻めた内容で面白いですよね。ジャンル問わず。

田中先生作品は私もじっくりは拝読してませんから間違いかもしれませんが、メインヒロインはヨイショされる方なので、多分美化されてるんじゃないかと。
Wikipediaで確認した粗筋から想像するに、男社会(実母を壊した、父親の天智天皇への復讐)への女というだけで踏みにじられたことに対する復讐がメインテーマのようですので。

個人的には、摂政をおかず、もしくは官僚を頼らずに専横で政治を行おうとした為政者は男女問わず、評価できませんので、男性ですが後醍醐天皇も評価は低めです。(後醍醐天皇は神道の長なのに真言密教に傾倒した珍しい天皇でもあったりします)

安定した治世は優秀な官僚が複数、秘密裏に汚れ仕事を担う少数尖鋭に、頭に頂く冠たる王はただそこにいるだけで人心をつかむ一点の曇りもないカリスマがあれば成り立つと考えているので。 

評判が芳しくない女帝の一人である、道鏡事件の孝謙天皇も、道鏡で失敗した感はありありですが、美人で若いのに伴侶を得られない人として不自然な状況に追い込まれたのもあるのかもしれませんが、そこはグッとこらえてほしいところでした。
YU-KI
2016/12/02 23:25
ただ道鏡事件は、孝謙天皇が陥れた藤原仲麻呂の娘である藤原東子と道鏡が実は恋仲で、惨殺された東子の復讐に天皇の治世を“男狂いの大和を混乱に陥れた女帝”と印象付けるために、天皇を誘惑した説もあり、これが本当ならば彼女以降、シエこと江の孫にあたる明正天皇までの女帝が擁立されなかったのも、それが原因?とか思ったり思わなかったり(女帝立てなくても、男性の継承者が沢山いたというのもありますが)

でも、本当にタイムマシン発明しない限りは真相は分かりませんからね。
YU-KI
2016/12/02 23:25
YU-KIさん、こんばんは♪
真夏生まれのせいか、寒さに弱い自分には厳しい季節になってきました。北陸方面はもっと厳しいのでしょうね。
別冊宝島は、おそらく「天地人」あたりに出版されたと思われる1632が石田三成特集でした。
アニメ絵表紙ですし、「天地人」関連いらないし、他も玉石混合ですが、見やすいし割と安価でしたし、まずまずでした。
「天上の虹」、そのうち読んでみようかなとも思いますが、やっぱり敬遠してしまいます。

専横的な為政者は、確かにあまり良くないかもしれません。
後醍醐天皇あたりは詳しくないですが、そうでしたか。この辺りの時代も面白そうですね。

称徳天皇(孝謙天皇)は、あんまりいい評判聞きませんね。道鏡との事は、どこまで本当なのかなと思いますが、色々な説があるのですね。

空間には何次元かあって、タイムマシンが発明されても、またちょっと違う過去に行ってしまう事もあり得そうで(「ドラゴンボール」で、時々タイムマシンで行き来する話がありますが、こっちの世界のこの人物は、自分の世界の同一人物となんか微妙に違う、とかいうのがあった気がします)まあ歴史は難しいです。
個人的には、織田信長に会ってみたいですね。
では♪
杏奈
2016/12/03 20:55
私も秋生まれだから、冬はつらかです。
北陸は鰤起こしの雷が鳴りはじめてよいよかな?と思いましたら、案の定の一昨日から降り始めてきました。
まだ積もる段階ではないのですが、布団から出るのがつらいです。
アニメ絵と天地人はいらないかいらないかもですね。


孝謙天皇は色々色々言われてますが、“英雄たちの選択”では好意的だったのですね。現
在の“女性天皇擁立”問題も絡んでるのかなぁ?NHKだしなぁ?とゲスパー(同じ女性天皇でも生粋の皇族出身で、父も旦那も天皇であり、話題に事欠かない持統天皇ではなく、評判も働きもたいしてない上に、母親が初の臣下で皇后に立后した孝謙天皇をピックアップしたのが何でかなと。孝謙天皇も結局、兄弟の養正が相次いだのもあり、彼女しか残りませんでしたから)

YU-KI
2016/12/11 22:40
そうなんですね。タイムマシンが出来たとしても本人とは微妙に違うとは……トランクスも結構キャラクターの性格変遷ありましたね、そういえば。

信長さんだと、へし切られそうなので、宮中や幕府お抱えの絵師や、歴史書や史料を編纂していた方々に会いたいです。本当に、描いた、書いたまんまなのか確かめたいのです、
YU-KI
2016/12/11 22:45
YU-KIさん、こんばんは♪
ますます寒くなってきました。
孝謙天皇(称徳天皇)は、「英雄たちの選択」で見た限りでは、それなりに魅力的な人物に見えました。
もうけっこう前なので、あんまり覚えてませんが、道鏡に色ボケして・・というような説も否定的だったような気がします。

なんでも宇宙は11次元あるとかいう説があり、ちょと違う空間世界というのが存在するとかなんとか。
この辺りの話は、物理学になってくるのかな、頭痛くなってきてしまいます。

タイムスリップして信長に会うというのは、漫画や映画に多いですね。みんなそんなに・・・
やっぱり信長さんは面白いですから。
女性には優しいので、大丈夫ですよ。多分。

歴史書や絵師さんも、面白そうですね。
真実そのまんま、ということはまずないと思います。
漫画「へうげもの」でも、そのまま描いたら燃やされた、という場面がありましたな。
その場面自体はもちろん創作でしょうが、そうした事もあったろうと思われます。
その人の偏見、記憶違いそんなものもあるでしょうしね。
そんな中、真実を探っていくという作業も、また面白いだろうと思います。そこまで研究熱心にはなれないので、研究成果を読んで、賛同したり否定したりするだけですが。
では、お身体に気を付けて♪
杏奈
2016/12/14 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
持統天皇関連 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる