Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS ここが嫌い「真田丸」その3

<<   作成日時 : 2016/08/18 13:08   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

例の如く、本作がお好きの方はスルーして下さい。

22話までしか追ってないといいながら、また気になってチラチラ見てしまいました。
見なきゃよかったと思うばかりの展開。



先日、長浜歴史博物館「石田三成と西軍の関ヶ原合戦」展に行ってきました。
貴重なものを色々見られて、なかなか興味深かったです。

書状の数々がやはり興味深かったですが、上田の真田宝物館から、真田信幸に宛てた三成の書状がいくつか来てたのが嬉しかったです。
ほんとに、日常のなんでもない内容が多く、二人の親しさが垣間見えます。

ということで、今回の「真田丸」についての愚痴は、主に本作の真田信幸に関してです。

三成は、実は信幸とペンパルで仲が良かったのは、けっこう知られている事です。
「戦国無双」ですら、ちょっとは触れられていたと思う。

「真田丸」について、この交友が描かれることを期待していた人は多かったと思う。
今回の時代考証の方々の著作にも書かれていたことですし。

が、全くのスルー。
いや、驚いた。

よく、この二人が仲が良かったことについては、意外だ意外だと言われますが、その事自体は別に意外ではない。
好き嫌いで戦やってるんじゃないんだから、東軍だからって、三成と仲が悪いと短絡的に考える方が違うと思う。

細川忠興とだって、白川亨氏の著作にもありましたが、仲は悪くなかったとみられている。
ただ、関ヶ原で東軍であっても、豊臣恩顧の武将が改易の憂き目に合う中、生き残りのために三成との関係は悪かったとしておいた方が都合が良かった。
細川もけっこう危なかったようだから。

意外というか、驚きなのは、仲が良かったことではなく、信幸が三成からの書状の数々を、関ヶ原以降もずっととっておいたことである。しかも大切に。

信幸の立場からすれば、これは非常に危ないことである。
関ヶ原以降、多くの家で三成の書状は廃棄されたことを考えると、これは信幸の、
真田家特有の気概を表わしたものだと言えると思う。

なのにスルー。
三成と信幸の交友を描くこと、書状を大事にとっておいたという事は、
真田信幸という、主人公の兄の気概を示せるであろうエピソードなのに、スルーしやがったのである。

そもそも、三成と真田家との交友がスルーされている。
昌幸の娘(お松さんではない方)が三成の正室の実家に嫁いでいて、宇多氏を通して姻戚関係があったにも関わらず、その娘の存在自体が何故か抹消されている。

本作の信幸で呆れたのは、秀次に自分の家族の愚痴をグダグダ言ったこと。

・・・あのさ、よそ様に家族の愚痴言う戦国武将がどこにいるよ。
しかも関白に。
いくら秀次が叔父の秀吉について悩んでいても。

現代だったら、ストレスためるより愚痴でも言った方がいいとされるかもしれないけど、戦国だよ?
もっとも現代でも、次期社長とかそんな立場の人に言わないよなあ。

大体信幸の愚痴のほとんどが、史実にないことじゃん。
そんな作ってまで、あんな情けない場面いらないよ。

家族に振り回させる信幸など「殿といっしょ」(「殿いつ」)で間に合ってるよ。
「殿いつ」の信幸ですら、うかうか身内の事など言えるか、と抑えてたよ。(結局家康に唆されて言っちゃったけど)。
本作の信幸は、ギャグ漫画以下か。

周囲に振り回される大泉洋も「水曜どうでしょう」で間に合ってるよ。

やたら舅の本多忠勝を怖がってるのも違和感。
以前「口を出すな」と一喝して、忠勝を感心させてたじゃん。
あれは何だったんだよ。
実際どう思ってたかは知らないけど、信幸は忠勝に敬意を抱いていたと思うよ。
だからこその後の選択でしょう。

今まで書いてきた通り、昌幸の描かれ方も酷いけど、信幸の描かれ方も大概である。
信繁も、三成や吉継たち周囲がきちんと描かれていないこともあって薄っぺらいし、真田家臣も、出浦とか、何なのアイツ?最悪だ。

真田信繁を描いたドラマとしても、真田家を描いたドラマとしても、出来が悪いと思う。
何一つ伝わってこない。

とりあえず今回はここまで。
またその4で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『真田丸』、俗っぽすぎるということか?(第30回)
皆さんこんばんは。面白くないと思いながらも見続けています、大人気NHK大河ドラマ『真田丸』第30回「黄昏」について。今回は、豊臣秀吉(小日向文世)の老衰と醍醐の花見、石田三成(山本耕史)と真田信幸(大泉洋)の間で揺れ動く真田信繁(堺雅人)などを描いていたわけで ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2016/10/04 22:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 いや、今回の『真田丸』は始まる前は期待はしていなかったのです。脚本家が「同じ時期に近藤勇と坂本龍馬が江戸にいたんだから、両者が知り合いであってもおかしくないだろ」の三谷氏でしたから。それを、NHKのスタッフや時代考証担当さんが、散々フォロー発言をするもんだから、「少しは史実を反映するかのかな・・・・・・」と思って見たら、この体たらくですよ・・・・・。

「コメディ、真田でござる!」にタイトルを変えていただければ、少しは見れるドラマになるかと思いますが・・・・・。
ごん
2016/08/21 12:47
ごんさん、コメント有難うございます。
「コメディ、真田でござる!」いいですね(笑)。
大河枠以外でこのタイトルでしたら、こんなドラマでも、自分も文句は言いませんよ。
「新選組!」はほとんど見てないのでなんとも言えませんが、今作、考証の方(主に丸島氏)がドラマを無理矢理正当化するような発言するのも、どうかと思っています。
「天地人」等のお笑い大河ならともかく、そうする事によって、信じてしまう人も多いと思います。
いっそもっと荒唐無稽なお笑い大河に徹した方がまだマシだったように思います。
実際、今回は真田に詳しい時代考証が3名もついてますよと宣伝されれば、期待しちゃいますよね(溜息)。
杏奈
2016/08/21 15:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここが嫌い「真田丸」その3 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる