Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS ここが嫌い「真田丸」その2・・・の前に  

<<   作成日時 : 2016/08/13 18:28   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

前回から大分間が開いてしまいました。
気力がない上に、パソコンの調子が非常に悪い。
夏はよく悪くなるんですけどね。

さて、第22話までしか追ってないので、今どうなってるかはよく分かりません。
ますます脱力展開になってようが、神展開になってようが、折り返し地点も過ぎた第22話あたりでまだ「ダメだこりゃ」な状態の時点で、個人的には駄作決定。
特に忍城攻めのデタラメは許せません。

ここで強調したいのは、あくまで個人的に、ということです。
面白いと思ってる人を否定するつもりもなければ、こんなもん面白がるなと言う気もありません。
逆に言えば、面白いと思えとか、楽しめとか言われる筋合いもない。

史実が、という言葉をちょくちょく使いますが、何度も言ってるように創作が悪いと言ってるのではなく、個人的に改悪だと思ったときに批判するのです。
本作の、創作と思われる場面の全部が気に入らないわけではありません。

もしくは手抜きだ、と思った時。
豊臣に人が少なすぎるのは、自分には手抜きとしか思えません。

これも、なにが改悪だというのは、人によって違うと思います。
自分にとって不快だ、嫌だと思うものを、ドラマなんだからそんな風に思うなと言われる筋合いはない。
あなたは気にならなくても、私は嫌だということです。

なんか本作に限らず、批判的な感想に対して、やたらとドラマなんだから、フィクションとして楽しめばいいと頭の悪そうな事しか言わない人とか見かけますが、ドラマとして楽しめないから文句言うわけです。
楽しめる人は勝手に楽しめばいいわけで、そうでない人に強制しないでいただきたい。
ここは突っ込みたいのに、そんなもん突っ込むなと言う権利はないでしょう。

感想は人それぞれです。
あちこちの感想を目にしましたが、本作に好意的にしろ批判的にしろ、全部が全部共感というのは一つもありません。
また、全部が全部に共感できないというのも、めったにありません。
また、そんな見方もあるのか、とか共感はできないけど面白いと思うこともあります。

ここのこれまでの感想も、全部に共感したと言う人はおそらく皆無だと思います。
「何言ってんだコイツ」と思う人もいれば、ここはそう思うけど、ここは自分はそう思わないという人もいるでしょう。
それで当然だと思います。

ドラマだから、フィクションだからばかり言う人に言いたいですが、自分にとって思い入れの深い人物や、身内が、自分から見ておかしな描かれ方をされていたらどう思うでしょうか。

たまたまネット上で見かけた感想で、朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロインが不快な描かれ方をされていると思い怒っていたら、「でも実際こういう人だったんでしょ。だから仕方ないんじゃない」と言われて、反論したというものがありましたが、名前を変えてフィクション性を押し出している朝ドラでさえ、この人がモデルですよと言われれば、そうかけ離れた描写はしないだろうと信じてしまう人もけっこういるのです。

大河ドラマは、NHKですし、最も格上の歴史ドラマとされている。
よって人物描写など、そのまま信じてしまう人は結構いるのです。
そこのところ、制作者はもっと責任を感じて欲しい。
何百年も昔の事で、誰も会った人がいるわけでもないからと滅茶苦茶やっていいはずはない。

ましてや本作は、幸村という名を使わず信繁を採用、真田に詳しい時代考証が3名もついていることを売りにするなど、史実重視を押し出しています。
だったら、創作を入れるにしても、戦国のリアリティのあるドラマを作って欲しい。
忍城攻め、利休切腹など、明らかに今回おかしいと思えるようなことはしないでほしい。

出来事と出来事の間の描写には、ドラマが要ります。
この時こういう出来事があった、という事を嵌めていくだけでは、ドラマではなくただの年表です。
その辺りどう創作してドラマにするかが腕の見せ所なわけですが、その時代に沿った、リアリティのある面白い創作を見せて欲しい。
「そんなわけないだろ」とシラけるだけというのが多いです。

その2、の前にダラダラと前置きしましたが、こんな辺境の駄文ブログに誰かが攻撃してきたというわけではないのです。
ただ、今回「真田丸」に批判的意見にやたら攻撃してくる人が多いように感じるので、ちょと予防線を張ってみました。小心者のビビリなので・・・

というわけで、見方、感じ方、感想は人それぞれなので、攻撃してこないでね(結局それが言いたかっただけ)。
あと、本作の石田三成を、史実の三成と思わないでくれ、ということもついでに付け加えて、今回はここまで。
その2は、そのうちに・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここが嫌い「真田丸」その2・・・の前に   Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる