テーマ:ドラマ

「悪魔の手毬唄」とか、「おっさんずラブ in the sky」とか

全日本女子フリーの後(波乱の上位争いでしたね。川畑さんは世界ジュニアがあるので、世界選手権は、紀平さん、樋口さん、宮原さん かな。樋口さんおめでとう!かおちゃん、感情が表に出やすいので、取り戻さなきゃという必死さが凄く伝わってきて、泣きそうになりました。 プレッシャーもあったでしょう。かおちゃんのスケート好きです。また頑張って欲しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天井カメラ(怒!!)(追記が多くなってしまったので、再放送朝ドラ感想と分けました) 

ブログをしばらくお休みすると言いながら、BS朝日での中国大会放送の、天井カメラに怒りのあまり、それだけ書きたくなりました。 だって、フジよりカメラワークは良いと以前言ったばかりだったのに。 ほんとストレスで、これだけで見る気しなくなる。 なにこれよく知らないけど、中国大会だけの現象?それ以外でもこんなだったらどうしよう。 スピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログお休み前に、色々

「いだてん」の事とか、最近ファンになったジャニーズのSnow Manの事とか、町田樹さんやフィギュアスケートの事とか、日曜日に(体調が悪いのでどうなるか分からない)石田三成祭に行って講演を聞いてくることとか、BS再放送中「おしん」の事とか、色々書きたい事はあるのですが、ちょっとこれから忙しくなるのと、色々あって、しばらくお休みしたいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第39回「懐かしの満州」

おそらくかなり気合の入った回だったと思いますが、台風は来るわ、ラグビーだわで、本作は色々不運ですな。 もっともずっと見てた人は、録画等してると思いますが。 再放送もあるしね。 視聴率は今更もうどうしようもないですしね。 ラグビー凄いですね。あ、バレーボールもイラン戦勝ったようで。 卓球に野球にフィギュアスケート(フィンランディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第38話「長いお別れ」

なんだかすごく訪問数減ったのですが、とっちらかったブログになってきましたからねえ・・・ 時間がたってしまったので、少しだけ。 「前畑がんばれ」が、がんばれのゲシュタルト崩壊で、今回は万歳のゲシュタルト崩壊。 どちらも前向きな言葉だけど、時に人を追い込む。 特に「万歳」は、色々な意味が織り交ぜられていたように思う。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第37話「最後の晩餐」

本作は珠瑕あると思っていますが、今回は特にそうかな。 いつも言っていますが、本作の金栗四三の描き方は、かなり不満。 マラソンの普及活動、後進の育成が、ほとんど入っていない。 弟子が一人しかいなかったわけじゃなかろうに。 数多い兄弟で一番優秀だったから上の学校に行かせてもらえたように、本来もっと知性のある人物のはずですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝ドラ「なつぞら」終了、「いだてん」第36話

ラグビーワールドカップ、日本がアイルランドに勝利! ラグビーのルールはよく分かりませんが、正直サッカーより面白い気がする。 サッカー好きな方ごめんなさい。だって以前見たとき、わざと痛がったりしてみせたりして「ナニコレ・・」と思ったりしたもので。 朝ドラ「なつぞら」が終了。 BS再放送「おしん」の感想をけっこうよく見に行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第35話「民族の祭典」

ベルリンオリンピック(1936年 昭和11年8月)の回。 前回のロス五輪では彩色がついていたけど、今回は白黒。 裏にたちこめる闇を暗示しているようで・・・ 久しぶりの柄本佑さんと杉咲花さん。 夫婦の時は夫婦に見え、今回はちゃんと親子に見える。 なんとなく昭和からずっと日本はアメリカと険悪だったイメージがあるかもしれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おしん」第147回で、感想見てちょっと言いたくなったこと。

BS再放送中の「おしん」は、いつも所々で感想とか書きたいと思っているのですが、怠け者なのでついそのままにしてしまいます。 ただ、今日の147回、おしんが佐賀を脱出し、久々に現代パートが入るのですが、 Twitterでこの再放送の感想をけっこうよく見るのですが、嫁の道子への批判がけっこう目についたので、ちょっと擁護したくなりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今期見ていたドラマ

朝ドラや大河ドラマ以外、あまりドラマは見ないのですが、ちょっと今回見たものを少し。 「ボイス 110緊急指令室」第9回、まっすーの透ちゃん、切なかったですねー。 素晴らしい俳優に成長しました。 いや、最初は大丈夫かなと、ちょっと心配だったんですよ。 でも第1回で、「あ、思ったよりいいね。ちゃんと形になってる」と安心し、段々良くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第34話「226」

今回の2・26事件、以前の5・15事件の将校達も若く、どこかたどたどしい感じでしたが、今回の事件の将校たちもまた、 さらに若い、というより幼い感じすらして、妙に瞳が綺麗で、そこが最も印象的でした。 実際どんな感じだったか知らないけど。 (あとでちょっと検索したら、中橋中尉を演じた渋谷謙人さん、「ひよっこ」の時子のお兄さんでしたかね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第32回、第33回

今更ですが、ちょっとだけ。 東京市長さんの、今なら炎上しそうな暴言ですが、彼が嫌な人間だからではない、という事は分かるので、 震災の時の村田パパもそうですが、単純に誰かを悪役にするわけではない描き方は良いと思います。 いつの五輪だったか、やはり競泳女子の千葉すずさん、たしかいい記録で銀メダルだったかな、それなのに残念でしたねみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第三十一話「トップ・オブ・ザ・ワールド」

本作のまーちゃんのキャラは。思ったより複雑かもしれないなという印象を持ちました。 「一種目も失うな」の意味を聞かれたとき「意味などないよ」とさらっと答え、 その貼り紙の下には、クーベルタンの「大事なのは勝ち負けじゃないよ」(意訳)が出てくる仕掛け。 分かっていてその上に貼ったのでしょう。      それなら常日頃言っているよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第三十話「黄金狂時代」

さっと簡単に。 タイトルの元ネタはチャップリンの映画だと思いますが、今回の内容と合ってるかなあ。 直虎ほどサムくはないけど、度々サブタイ外してるような気がする。 今回は、まーちゃんの綻びがちょっと垣間見えた回でもあるかな。 実は情がある所があるのはともかく、世情のきな臭さとスポーツが無縁ではいられなくなるところ。 競技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第二十九話「夢のカルフォルニア」

大分記憶が薄れてしまったので、ちょっとだけ。 1932年(昭和7年)ロサンゼルス五輪。 まさか大河でミュージカル演出が。 何が始まったのかと思ったよ。 後ろの面々、はじけ切れていない風なのが笑えてしまった。 今回131名の日本選手団。 最初たった二人でオリンピックに参加していた事を思うと夢みたいで、大河ドラマを感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第28回「走れ大地を」

色々思うところはあるのだが、今回のハイライト。 オリンピック応援歌が5・15事件のBGMに!! この演出に抜かれた度肝がしばらく戻ってこず、細かい事はもういいやという気に一時なっていた。 オリンピック応援歌記念式典と5・15事件の日付が同じであることに目をつけたのが慧眼でしたな。 指揮者は作曲の山田耕筰でしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第27話「替り目」

実次兄の死とか胸熱でしたし、まーちゃんの強化作戦とか色々ありましたが、今回は最後のところだけ。 ラストの田畑と金栗の邂逅と別れ。 それまで騒がしかっただけに(悪い意味ではないよ)、妙に情緒的で印象に残りました。 物事には、必ずプラスとマイナス、メリットとデメリットがある。 まーちゃんのやってる事、言ってる事、何も間違って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第26話「明日なき暴走」

ウェブリブログのリニューアル後、IE(インターネットエクスプローラー)だと、カレンダーとか端が切れちゃってるみたいですね。 何とかする方法はあるのでしょうが、後で調べようと思います。IEの方、見づらくなってすみません。 さて、今更になってしまった割には大した事書けませんが、「いだてん」のこの回、なんといっても人見絹枝役の菅原小春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第二部

ウェブリブログが大幅リニューアルされ、最初自分の管理画面に入れなかったり、どうなる事かと思いましたが、もう大丈夫かな? まだ慣れないですが。 さて、「いだてん」第二部開始。 初回からハイテンションでしたね(笑)。 大分今更になってしまいましたし、ブログのリニューアルに振り回されて疲れ気味なので、ちょっとだけ。 「参加す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第一部終了 美点と不満点

さて第二十四話「種まく人々」で金栗四三編が終了し(といっても出番がなくなるわけではないですが)、田畑政治編へと移り、マラソンから水泳へメインが移っていくわけですが。 落語パートを交え、昭和パートも入れて、スポーツ黎明期から昭和へ、そして現代を考えさせる、そういう意味では正にちゃんとした大河ドラマだと思います。 下手な戦国ものより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第二十三話「大地」

来年の東京オリンピックですが、二枚ほど観戦チケット申し込んでみたのですが、どちらも落選でした。 まあ、テレビ観戦かな。 また今更感想になってしまいました。 関東大震災の回でしたね。 BS朝ドラ再放送「おしん」でも、そのうち出てきます。 自警団のアレに関しては、まああれが限界ですかね。 触れただけでも良しとしましょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第22話、これまでの朝ドラ「なつぞら」

今、BS朝ドラ再放送枠で「おしん」をやっているが、「いだてん」とけっこう時代が被っているので、合わせて見るとなお興味深いと思います。 おしんは、金栗の10歳ほど年下あたりではないかと思います。 「おしん」は何度も再放送されているので大体見ていますが、精いっぱい生きる事と、限界突破したら逃げてもいいのだという事を教えてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第21話「櫻の園」

前回のオリンピックでは、陸上競技や道具、今回は女子スポーツを持ち帰った金栗氏。 戦禍をたくましく生きていたドイツの女性たち。 ベルリン五輪を目指していた夫は戦死し、アントワープ五輪は敗戦国だから出られず。 心打たれる金栗ですが、あくまで日本は関係ないと、この時点では思っているのでしょう。 ドイツはこの後、ますますとんでもない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第20話

日曜日にはジョン・カリーの映画を見に行こうと思っていたのですが、体調が思わしくないため、来週・・行けたらいいな。 1週遅れになってしまって今更ですが、少しだけ。 8年は長かった。 思えば当時の8年と今の8年ってかなり違うでしょうし、当時の30歳と今の30歳も、かなり違うでしょうね。 マスコミによる選手団吊し上げの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第19話「箱根駅伝」

森山さん凄かったですね。 演じ分けとか、手間かかったと思います。 社会情勢描写不足、嘉納先生や金栗の、訓練や指導者描写不足等、色々思うところはありますが、今一番思うことは、ストックホルム編含め、オリンピックや競技スポーツを見るという事について、これほど考えさせられるドラマはない、ということです。 視聴率が悪いのはそもそも題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」18話

気が向いたときだけ、けっこう経ってからちらっと触れる大河感想。 前回に続き、清さんがいい仕事しました。 前回は、私たちがアスリートに対して抱く気持ちってこうかもな、でしたが、今回は、才能ある身近な人に対して抱く気持ちってこうなのかな、と。 夢を託す、というのかな、自分は平凡な人間ではあるけど、特別な人に対して夢を託せるから、頑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第17話 

また大分今更になってしまいましたが。 最初の清さんの台詞がいいですね。 私たちがアスリートに求めている事って、こういう事かも。 結果が伴えばもちろんそれに越したことはないですが、肝心なのはそこではなかったりするんだよ。 今回の主人公は、オリンピックで結果を出した人ではないけど、功績は残していて、多くの人に愛されている人ですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」第16回ちょっとだけ

「いだてん」第16回「ベルリンの壁」で、感想というか、ドッジボールの時と同じく、ちょっと他と感想が違った所。 上京してきたスヤさんに、四三さんが「帰って」と言う所ですね。 四三酷い酷い声多かったですが、私には究極のノロケに見えました。 これは史実のようですが、たしかに字面だけみたら酷いと思うかもしれません。 脚本だけ読んだら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体育の記憶

今更「いだてん」14話、というか、体育教育について思った事。 私は本当に体育苦手で、苦痛でした。 というか、全般的にトロかったので、学校自体が苦痛でしたが。 楽しい体育か、堅苦しい基礎の体育か、みたいな話でしたが、どちらにしても、運動能力には個人差があるので、どうしても全員参加なら、人よりできない子を責めたり馬鹿にしたりしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これまでの大河ドラマと朝ドラ

「いだてん」が第13話まで(オリンピック初出場青春篇まで)と「なつぞら」子供時代編が終わりましたが、これまでのところ、どちらも面白いです。 草刈正雄さんは、「真田丸」の真田昌幸は評判が良かったですが、私はいいと思わなかった。 が、今回の朝ドラでの祖父役は、打って変わって良いです。 昌幸と重ねてる人も見かけるけど、全然違うしやめて欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more