Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 「おんな城主 直虎」 第十九回まで

<<   作成日時 : 2017/05/21 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

BSで再放送されていた「武田信玄」を見ていたら分かりやすいかもしれませんが、
ちょっと関東三国の背景をおさらいすると、今川氏真の母が、武田信玄の姉。
氏真の妹が、武田義信の正室。
氏真兄妹は信玄の甥、姪で、義信とはいとこ。
いとこ同士の結婚だった。
信玄の正室の三条の方は、寿桂尼の縁もあって武田に嫁いできた、と思う。

北条氏康の正室が今川義元の妹。
北条氏政の正室が武田信玄の娘。
今川氏真の正室が、北条氏康の娘。

この後三国同盟の破棄で、義信の正室は今川に戻され、北条氏政の正室は(子供何人も産んでいて夫婦仲も良かったらしいのに)武田に戻された。

その後、北条、武田、プラス上杉は、また婚姻やら養子やらで、くっついたり別れたりを繰り返すのであった。

引っ搔き回しているのは、主に信玄。
信玄は、妹の嫁ぎ先の諏訪も攻めている前歴も。

表面的に見れば、信玄が特に非道な奴に見えるかもしれない。
ただ、そんなに家族に冷淡な人物かというと、そうでもないような印象もある。
好きで不幸にしたかったわけではなかったと思う。

この時代小氷河期で、飢饉で、食うための戦であり、領土拡大であった。
武田領は、山間で耕作地も少なく、周辺と比べても過酷な地域だったのではないか。
洪水も多かったし、治水事業に相当な年月を要している。
鉱山はあったが、交易ルートがない。

貧しい地域だったために領土拡大が急務で、他と比べても非道にならざる得なかった背景はあったと思う。
三条の方との仲も良かったようですし、血筋も良い大事な嫡男を、本当は死なせたくはなかったと思う。

そこでの駿河侵攻だが、直虎も言っていたように、それをすると武田は四方敵だらけということになる。
義信が反対していたのも、それもあってのことだと思われますが。
今川が、松平と和睦しては、という話がドラマの中でもあったが、信玄のダイナミック外交の方が一枚上手で、武田と松平が、今川をサンドイッチしてしまうのだが。
もちろん武田と徳川は、すぐお別れしてしまうけど。
武田と織田ともね。
織田と徳川は結んでいますから。
もっとも徳川は、織田と武田との間で揺れていたかもしれませんが。
そんな中、築山殿事件も起きたりしている。

その武田と徳川の争いで、井伊谷は蹂躙されることとなる。
武田の駿河侵攻も、かなり酷かったようだ。
侵略すること火の如し。
徳川の遠江侵攻も苛烈だったようですけど。

で、本作の事になると、まあまたいつもの感じですが、そもそも上下関係がおかしい。
政次は家臣の分際で、何を時々タメ口叩いているのか。
しかも虎松が・・って、虎松様って言わんかい。
あんたは身内か。幼馴染設定が仇になってないか。

中野ジュニアやしのにしても、今は家臣っぽくなったし、しのもそのうち和解するんだろうけど、だからって井伊の当主(代行)に対して、あり得ない口きいていたのがナシになるわけでもない。
あんな描写いらんかった。
ここは上下関係無い世界なのかと思っていたら、時々当主と家臣っぽくなるから、わけが分からない。

後継者の生母と後見人が不仲だったら何かと都合が悪いだろうに、そこを誰も仲介せず、しのをほとんど蚊帳の外にしているのも不可解。
本作のしのは、たしかにやや情緒不安定だが、一瞬取り乱したりはしても、結局は割とすぐ納得して、いつまでもゴネて困らせるということは皆無だったりする。

本当は聡明で、物の分からない人物ではないと思う。
虎松に直虎の悪口吹き込んでいるようにも見受けられない。
生母と後見人がちゃんと協力体制にあるように、南渓とか周囲がしてあげればいいと思う。
女性なら生母が後見人になるのが普通なんですけどね。
他の例を見ても。
直親の隠し子が出てきて、ちょっと仲良くなったりするんでしょうかねー(棒)。
最初からしのをあんなキャラにすることなかったのに。

全体的に見て、題材を考えると、あんまり脚本を責める気にはなれないですね。
主人公に資料が乏しいのは、現在BSで再放送中「風林火山」の山本勘助もそうですが、舞台が全盛期に向かう武田なので、まだ面白くできる。
本作は、主人公の資料が乏しすぎる上に(しかも数少ない資料を検討すると、女性説は怪しい)、舞台の、この時代の井伊谷というのも、動向がはっきりしてるわけでもない。
このあたりを扱った他作品でも、井伊など出てこないような、小さな存在である。
「武田信玄」にも一切出てこなかったですしね。

それで一年やれというのは、かなりの無茶振りでしょう。
これ思い切って今川視点も入れて作ればもっと立体的に、面白くダイナミックになったかもしれませんが、それもない。
義元の描写はほとんどなく、氏真は、本当は色々奮闘していたのに、本作ではそれらはすっ飛ばされ、テンパってるだけの暗愚扱い。
今川は単なる悪人扱い。
個人的に面白いと思えない一因は、今川の描き方にあるような気がします。

まあ「ごちそうさん」でも思いましたが、この脚本家さんとはちょっと個人的に感性合わないですね。自分は苦手かな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。ツルッパゲ(信玄)は単に自分より優秀な人間が許せないだけだと思われます個人的に。(本人が自覚しているか否かは別にして)

それかサイコパスか。でないと自分の命令で嫁がせた娘の立場が悪くなるようなことや、それが原因で間接的に死に追いやる真似はしないんじゃないかと?同盟結んで自ら喧嘩売りにいくとか……自分で跡継ぎアボンして、外で作った子を呼んでいて、外で作ったとはいえ、血を分けた我が子であるのに、我が子のためにサポートしないとか。アホちゃうか?みたいな。武田自分の代で終わらせていいの?みたいな。いや、むしろ、それを望んでいた?と思いたくなる行動のような?

奴の好意的な態度なんぞ、不良がたまに良いことしたら本当はイイ人!レベルにしか受け止められません。

確かに甲斐は土地も貧しく交易ルートも困難な地形ですし、それだけでなく、攻めるに易く守るに難しい地形上おそかれ早かれ手詰まりにはなっただろうと思います(滅亡を回避したところで)

だから、打って出るのは間違いではないんですが……打って出るのがよりによって同盟国かよorzみたいな。発想は間違ってない行動が狂ってるだけなんだと(すべてではないですが)

YU-KI
2017/06/07 12:01
しのさんの描写……あれはないですよね。実際はしのさん(とアホ虎では呼ばれている)が中継ぎの当主にアホ虎を推挙するわけですが……(ドラマではアホ虎が立候補してしゃしゃってましたが)

政次タメ口は……あんなアホを上司に持ったら言葉も乱雑になりたくもなるのだろうなぁと。様付けというか本来は幼名とはいえ家臣が軽々しく『虎松様』なんて呼ばなかったとは思いますが。若様とか太郎様かなぁと?

中途半端にうっとおしいのは、単に脚本家がそこまで、しのさんに興味も思い入れもないからだと思われます。描くべきところは描かずに、自分の興味ある箇所に尺さきたがる傾向にあるようですから。本当にどうでもいい尺に時間をかけたがりますから。今週のも下ネタだけが話題になってますし、柳楽くん演じる頭もあの時代に赤メッシュはないだろうと。
YU-KI
2017/06/07 12:19
こんばんは♪
義信も、単に嫁のためだけではなく、信玄の政策と全面的に対立してたのかなと思います。
信玄とは、別の方向を考えていたのだと思います。
信玄は、多分それが気に入らなかったのでしょう。
信玄は父親を追放した前歴があるだけに、いつか同じ事自分もされるかも、という疑心暗鬼も生じていたのかもしれません。
その辺りは想像するしかありませんが。
父親としては無能と言うより他ありませんね。

虎松への呼び方、ああそういえば、たしかに若様とかが適しているかもしれません。
なんにしても虎松って呼び捨て!?とびっくりしてしまいました。

今週はあらすじをちらっと見ただけですが、時々現代ドラマだったらいいかもしれないけど、という回がありますね。
異質な者たちが入ってきた、警戒する、上手くいかない、色々あって打ち解ける、みたいな、特にこの現代の世界情勢などを考えても、異質な存在だからって簡単に排除しようとしない、みたいな話はいい話かもしれません。
ただ、戦国大河でやらなくてもいいような。
別ジャンルで出来るじゃないか、と。
杏奈
2017/06/08 21:23
小野父と直満誅殺の件や、南渓出生の謎など、よく分かってない事をぼかす書き方は、なかなか上手いと思います、

小野政次(道好という名の方が一般的なようですが)についても、大体検索してみても、井伊を横領したと思ったら家康にやられた間抜けな悪党みたいな書かれ方されてることが多いですが、実際そんな悪人だったかどうかは諸説あり、今作の時代考証も担当している大石氏はじめ、そういう悪人説には懐疑的な人も多く、とりあえずあの描き方がいいかは別にして、小野政次を単なる悪人としてないのも、いい所ではあると思います。
高橋一生さんも好演してますしね。
一時父親役の吹越満さんに似せるために、減量して頬をこけさせたとか、さすがです。

しかしその代わり、他の井伊家中の面々が残念な描かれ方になってしまっていますが。
筧利夫さんとか、いい役者さんいたのに。

次郎法師、もしくは直虎の正体が直盛の娘、というのは異説もあるので(その正体については色々言われている)、しのさん(ひよさん)が中継ぎ当主に彼女を推挙したというのはちょっと初めて聞いたのですが。
それは井伊家伝記かなにかでしょうか。
なんにしても、ドラマでは直盛の娘が次郎法師であり、次郎直虎なのですから、あんな変なキャラにするより、そういうキャラにした方が無理がなく自然で良かったですね。
では♪
杏奈
2017/06/08 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
「おんな城主 直虎」 第十九回まで Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる