Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 「おんな城主 直虎」 第十四回まで

<<   作成日時 : 2017/04/13 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

このドラマがすきな人はスルーで



視聴率は低空飛行なわけですが、戦国大河なのに徳政令とか地味な題材だからとか、国衆とかチマチマしててやっぱり地味とか、マイナーだとか、そういう事ではないと思います。
戦国ドラマであまり扱わない題材に挑んでいることは分かりますし、そこに文句があるというのはあまりないと思います。

徳政令について触れるかも、とか偉そうに以前書いてしまいましたが、今はその気力はないというか、そんなに言えるほど詳しいわけでもなんでもないのですが、井伊谷の徳政令についてや、なぜ直虎は引き延ばしたか(二年も)等は、時代考証の大石泰史氏の「井伊氏サバイバル五00年」の中にあります。
もちろん、この方の見解ですが。
このドラマの描き方が妥当かどうか判断する能力は自分にはありませんが。

何が気に入らないかとかは個人の感覚によるので、こんなもの気に入るなとは言えませんし、好きになれと言われる筋合いもないのですが、個人的に、あくまで個人的にこの大河で残念なのは

低レベルなクズしかいねぇ

というとこでしょうか。
「武田信玄」のような戦国ならではの外道だらけ、というのはいいのですよ。
問題はレベルが低いというところなんですよね。
自分が嫌だと思うのは、題材とかではなく、やっぱり人物描写の問題なんですよ。

しのや中野ジュニアを、何故あそこまで貶めなければいけないのでしょうか?
実在の人物ですよ。
そもそも、この井伊谷の上下関係というのはどうなっているのでしょうか。
家臣の分際で、なんで中野ジュニアはあそこまで偉そうなのでしょうか。
社員が女社長にセクハラ発言とかしますか?
ましてや戦国、ちょっと考えられません。

ああいう、白々しい女尊男卑的な書き方が、女性大河が敬遠される理由の一つなのではないでしょうか。そんなもん見たくない。うんざり。

井伊の嫡流の一人娘というのは、あそこまで尊重されないものなのでしょうか。
以前しのが次郎に襲い掛かったのもあり得ないですが。
あの時直盛も存命だったのに。
身分の高い家から嫁いできたならともかく。

今の直虎としのの力関係というのもよく分かりませんが。

奥山ジュニアの、味方になったところで役に立ちそうもない「小公女」のアーメンガードみたいな描写もどうかと思いますが。(アーメンガードは嫌いじゃないですよ)

創作するなら面白くしてほしいですが、なんでこんな連中見せられなあかんねんとしか思えないんで、今の所。
こんな面白くもない人物たち見たくないのですよ。
そのうち変わってくるでしょうが、今の段階で実在の人物を、稚拙な貶め方してるように見える。

どんな人たちだったかは知りませんし、こういう感じの人いないとも言えませんし、いたかもしれませんが、わざわざ見たくない。
なんでフィクションで、実在の人物を使ってそんな見たくないような人物描写するのか。

親世代も大概でしたしね。
井伊直盛にしても、杉本哲太さんの好演もあって感じは良かったですが、ちらっと調べても実際はもっと猛将かつ、やり手だったという印象がある。
なのになんか情けない上に、無責任で意味不明の自害してしまった人になってしまった。

それにしてもしのの描写は酷く、貫地谷しほりさんと、ひよさんが可哀相。
正室という立場にあった者が、自分の権利しか考えない、家の事、領内の事も考えない、という事はあり得ないと思います。
ここまで正室を貶めたドラマは知りません。
あの時代に行ったわけではないし、会ったわけではないですよ。
しかし創作するにしても、なんでこんな風にしちゃうのか。

人によって見方は様々ですが、自分としては人物描写ですね。受け入れられないのは。
今川氏真についてもそうですし、主人公も、亀亀うるさい。結局直親の事ばっかりか。
小野ぼっち描写も不愉快。
直虎と小野が対立していたという証拠はないと思うし、小野が直虎を追い出して横領、そのすぐあと家康に処刑されるという流れも、幼い息子たち共々家康に処刑されたという結果から、江戸中期に作られた創作だと思う。
そもそも直虎は今川派だったと思われる。

やればやるほど憎まれる、それでも想い続ける、というのも個人的に見てて楽しいものでもない。
この時代、主を変えるというのはよくあることだった。
この親子は、何故そうしなかったのかと思うばかり。

今までの繰り返しみたいな、とっちらかった文章になってしまいましたが、徳政令等地味な題材がどうとかではなく、そういうことに挑んでいるのは面白いと思いますし、自分が気に入らない理由はそれではない。
サブタイトルとかファンタジーっぽい演出とかには目をつぶるとしても、人物描写が酷い。

しかし次回、サブタイトルの事はいい加減言いたくないですが、おんな、おんなと平仮名で二回も。吐きそう。
こういうセンスがそもそも嫌。

そのうちには、もうちょっと実のあるもの書きたい・・・
難しいですな。


井伊氏サバイバル五〇〇年 (星海社新書)
講談社
大石 泰史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 井伊氏サバイバル五〇〇年 (星海社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『おんな城主直虎』、しのと虎松と直之がひどい(第11〜15回)
皆さんこんばんは。今回は、人気が低迷しているらしいNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の第11〜15回についての感想です。まずはあらすじ今川義元(春風亭昇太)亡き後、三河を勢力下に治めつつあった松平元康(阿部サダヲ)の元から井伊家へ使者があった。落ちぶれゆく今川家 ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2017/11/12 19:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「おんな城主 直虎」 第十四回まで Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる