Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 「おんな城主 直虎」第十三回まで その2

<<   作成日時 : 2017/04/08 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

このドラマがお好きな方はスルーで。



どうやっておんな城主直虎が誕生するのかなと思っていましたが。
なにしろこのドラマでは、所領安堵の引き換えの出家となっていたはずなので。

それが、還俗ではない、あくまで虎松の後見って・・・
それが通るなら南渓がやればいいし、黒染めを脱いで次郎法師から井伊直虎になって、還俗ではないなんて・・・
それ女城主といえるのか?
なんか滅茶苦茶だ。
ちなみに、おんな地頭、おんな領主より、おんな城主とした方がかっこいいからのタイトルなのでしょうが(ひらがななのはなんか嫌ですが)、城ってどこよとか思う人いるかもしれない。
意味的には同じなのでしょうけど。

あと、後家の力は大きかったはずで、正室なら家の内情も知っていたはずだ。
知らないなら、正室として変だ。
正室の仕事は、男児をあげる事だけではない。
直親の正室で後家さんであり、虎松の生母になんの断りもなく了承も得ず、虎松の後見人を決めるというのも変で、あり得ないだろう。

南渓は、おとわを次郎法師から井伊直虎にして、その役目につけたいなら、後家であり虎松の生母であるしのに了承を得るのが先で、それをせずに直虎を虎松の後見人にするなんておかしい。
このドラマは正室を何だと思っているのか。

そもそも、女が領主とかいうよりも、何も知らない尼さんがいきなり領主になるなんて、突飛すぎる。
今川義元は、元は禅僧でしたが、その頃から教育係の太原雪斎が仕込んでいたから還俗して当主になれたわけで、このドラマの直虎は、そうした教育を受けていた場面は特にない。
南渓は、まだおとわが出家したての託鉢の時も、やり方も教えず放り出していたが、今回もそれと似たものを感じる。

領主にした後で、仮名目録を渡すだけとか。
今川仮名目録は、今川氏親が制定し、義元が追加したりしたもの。
たしかに寿桂尼が関わっていたという説もあるけど、このドラマ、寿桂尼だけ必死で氏真はしょうもなく描かれていたり、どうも嫌な感じ。

中野ジュニアの描かれ方の酷さですが、この時代女性が当主代行的な立場に立つことは珍しくなかったので、そこを強調されても嫌な感じしかしない。
ドラマとしては、主人公に試練を与えねばならないのですが、直虎に不満があるなら、女性云々より、後家でもない(虎松の母親でも直親の正室でもない)、経験もない、領主になる教育を受けてたわけでもない、直虎の性格に問題を感じる(感情的等)あたりをあげ、その上で、直虎を段々認めていく方向にすればいいし、実在の人物をあんな嫌らしくする必要性がどうしてもあるのか?と思う。
外見からしてもう・・・・・

虎松の母親であるしのでもなく、井伊庶子家の中野でも、井伊の親戚筋で虎松の叔父の奥山でもなく、家老の小野でもなく、おとわが女城主直虎に。
しかしおとわをスーパーヒロインとして描いてこなかったので、そのおとわを女城主にする無茶を通すために、しのをヘンテコなキャラにし、中野と奥山をアホにし、小野を裏切り者にした。

蹴鞠勝負でダダをこね、愛しき人が死んじゃう(意訳)、と瀬名を責め立て(だから反今川は松平だけじゃないだろうに)、愛しき人が死んじゃった、なのになんでお前は生きとんねん。どのツラ下げて生きて帰ってきた(意訳)、と政次に罵詈雑言を浴びせる、そんなヒロインを城主にするために、ヒロイン陣営は馬鹿か悪人に成り下がった。
そんな大河ドラマ。

実際どんな人たちだったかなんて知らないよ。
でも井伊家中、ヒロイン含めちょっと酷すぎると思う。
今作で国衆という言葉が注目を集めてますが、昨年の真田もしょうもなかったが、今回の井伊もそれとはまた違った形でしょうもないのだが、国衆の理解として、こんなんでいいのか?

それならおとわをスーパーヒロインとして描いてきた方がマシだったかもしれない。
どうせ女城主直虎なんて存在しなかった可能性が高いのだし。
敵側はというと、今川氏真は、ヤケになるかキーキー言うか、遊んでるだけになってるし。酷い描かれようだよ。

虎松の後見人であり当主を決めるのに、虎松の母親にも家臣たちにも何も相談もせず、了承を得て直虎に協力させるための説得もせず、直虎にそういう教育もしてこず。
この南渓って何なの。無責任すぎだろう。
そんな事ってあり得るの?ないと思うけど。

・・・なんか、直平たちの死も、史実で死ぬ時期になったから死なせた、直虎も、史実か疑わしいが、とにかくこのドラマでは直盛の娘が直虎という設定だからそうした、とにかくさっさと女城主直虎にしなければ、としか見えなかった。
雑。とにかく雑である。比較的丁寧だったのは、政次の闇堕ちだけ。

今までと大差ない感じになってしまった。わざわざその2にした意味はあまりなかったかも。
徳政令の事など、また触れるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『おんな城主直虎』、しのと虎松と直之がひどい(第11〜15回)
皆さんこんばんは。今回は、人気が低迷しているらしいNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の第11〜15回についての感想です。まずはあらすじ今川義元(春風亭昇太)亡き後、三河を勢力下に治めつつあった松平元康(阿部サダヲ)の元から井伊家へ使者があった。落ちぶれゆく今川家 ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2017/11/12 19:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「おんな城主 直虎」第十三回まで その2 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる