Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 時々読んでいる漫画雑誌

<<   作成日時 : 2017/01/27 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

週刊モーニングをちらちら読んでますが、「ギャングース」が終了してしまい、読むものが少なくなってしまいました。
いや、自分的には、ですが。
買って読めばいいのですが、立ち読みで済ますことが多いので、どうしても絞って読んでしまいます。
「ギャングース」は、主に格差社会、子供の貧困についての著作が多い鈴木大介氏が原案で、その数々の著作は、知っておくべきものがあります。
現代日本の闇、もう一つのこの国の姿があります。
「ギャングーズ」は主人公カズキがナイスキャラなので、重い題材ながら、なんとか読めます。

モーニングでは、他に野球漫画「グラゼニ」、「鬼灯の冷徹」、法律漫画「カバチ」、サッカー漫画「GIANT KILLING」等。
ドラマ化もされた、産婦人科が舞台の「コウノドリ」は、良い作品だと思いますが、なんか引っ掛かる所も時々あったりします。

木曜日はモーニングで、月曜日は「週刊スピリッツ」をめくったりしてますが、今読んでるのは薙刀漫画「あさひなぐ」くらいかな。
あとアフロ田中シリーズとか。
時々「土竜の唄」。(映画化もされてますね)
闇金ウシジマくんも、時々。

金曜日に「スペリオール」をめくってみることもあります。

ギャングース(1) (モーニングコミックス)
講談社
2013-10-25
肥谷圭介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ギャングース(1) (モーニングコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
定期的に見てる作品が終わるとさみしいですよね。
私はアニメで鬼灯〜にハマり漫画見てたんですが、アニメの方が遥かに面白かったのと、同じ作品のはずなのに(アニメはほぼ原作に作りが忠実です。)イマイチはまれず、原作掲載誌からは離れました。

私はイブニングで好きな作品が掲載してるので見てるのですが、そろそろ終わりそうで何となく物悲しいのでお気持ち分かります。

コウノドリは良い作品ですが業種が似ているせいかわたしも「それは無いなぁ」とか思う部分はあります。ドクターはある一定の年齢から多芸多趣味な方は多いですが(大体、実家も上流階級か金持ちという条件ありですが)それから見ても主人公の設定はないなぁと(原作者の妻の担当の婦人科医がジャズピアノ弾けたらしいですが、それがモデルなんだとか)いくら医者には未だに甘いと言われても宮先生の愛想の悪さとか(理由はあれど)、内々にアフターピル処方させる院長とか、マスコミ嗅ぎ付けられたら廃院確実だなと。あと科の垣根がボーダーレス過ぎるとか。(同じ院でも科により命令系統が違う筈なので、下手に首突っ込まれても混乱するだけというか。ブラックジャクによろしくの齋藤先生が良い例かな?ちなみに旧日本軍の陸海が仲が異常に悪かったのは命令系統が違うためです。陸はフランス式で海はイギリス式なら無理もないかな?ただなんで分けたみたいな。)

最初は面白かったんですが、社外派になりすぎて問題提起しすぎて胃もたれする感じにはなったかなぁと?(現状はもっとシビアですし問題はそう簡単には解決しませんが。いいよな漫画は長くても300pで終わるしみたいな)

YU-KI
2017/01/28 14:24
YU-KIさん、コメントありがとうございます♪

「鬼灯の冷徹」は、アニメ化するんだ、と思ったきり見る機会がなくて、今動画で宣伝だけちょっと見ましたが、鬼灯様、声低いですね。ちょっとびっくりしてしまいました。
アニメはカラフルですねえ(当たり前ですが)。
音楽も面白い。
原作は絵が綺麗ですし好きですが、あまりはまれませんでしたか。
好みがありますしね。

「コウノドリ」は、そもそも主人公の設定がふざけすぎです。
この設定は、あまり評判良くないように思います。
モデルとなったお医者さんがピアノも弾く方だというのは以前読みましたが、別にピアノも弾いてることは隠してないということですよね。
漫画では、カツラ被ってるだけなのにバレてないとか、色々あり得ませんし、医者にもピアニストにも失礼だなと思います。

宮先生もそうですが、主人公も時々患者さんに失礼だなと思うことがあります。
忙しくて予約したのに2時間も待たされて文句言った患者さんに対して、いくら事情があるからって、その言い方はないだろうと思う事ありましたし。
助手(?)の下屋(字が違うかも)先生も酷い言い方してましたし。
この下屋先生、普段髪をバサッと下ろして白衣着て病院歩いてたのですが、それもないよなと思いました。

子宮がんワクチンに関しても、副作用と思われる症状で苦しんでいる若い女性がいるのに、いくら母親を子宮がんで亡くしているからって、早く再開すべきだとか、どうかと思う。
モデルになった方がそういう考えなのかもしれないし、そのまま描くのもどうかと思ったのか、周囲の人にフォローのセリフ言わせてましたけど。
杏奈
2017/01/28 19:19
あと、物語の本筋には関係ないですが、主人公が育った養護施設の経営者(?)の女性が、どうかと思う。
施設にいる事で虐められて相手に手を出してしまった時、ただ相手に謝りに行くだけ。
施設にいるあなたは何言われてもされても、我慢しろとでも言わんばかり。
そんなの相手の子のためにもならないし、ただペコペコ頭下げるだけなら、私でも出来るわ。
それで大層な事してる気になってる偽善面が腹ただしい。

題材が題材なので、普通にやればいい話にはなりますが、フィクション部分、漫画としての物語の作り方部分が、如何なものかと思う所が気になってしまいます。
杏奈
2017/01/28 19:21
鬼灯様は確かに声低いですよね。私はアニメから入ったからあんなもんかと割りとすんなり受け入れられましたが。
原作から読むと、自分の頭の中でイメージした声優さんアテレコして読まれるかたもいらっしゃるから違和感あるようですね(ようですねと言ってる私も実はそうですが)

コウノドリは確かに主人公の設定は無理があるだろうと。それにプロは1日の大半をほぼ練習に当てるのに、いつ練習してんの?と。あと、あれだけ中座されるコンサート……あり得ないだろうみたいな。
両立は難しいというか不可能?ですよね。
滅茶苦茶言う患者さんもいますからね。一応平謝りますが。(普通に物投げたり、飲み物かけられたりとかありますよ。あと待合室で他の患者さんと乱闘とか……本当に何しに来たんだと)

多分、作者さんは『生は死より重い。だから生きるべきだ』という理念の元、作品を描いているのかなと?
私達も就職したての頃はありましたが、結局私達は『こういう方法があります。こうしないとこうなります。』と説明、提示する立場でしかないんですよね。選ぶのも生きるのも患者さん御本人次第ですし。本当に『早く再開すべきだ。』は余計なお世話なんですよね。だって命も体も患者さんのものですから。ブラックジャックでブラックジャックの恩師が『人の命をどうこうしょうなんて……傲慢な事とは思わないかね?』という言葉の通り、『生は死より重い。だから生きるべきだ』という理念の元に物語が動いているのだとしたら、全体的に傲慢な印象になってしまうんだと思います。

私達はどれを選ぶのか分かりやすく、その方法をただ提示するだけ。(もちろん不安がないように納得いくまで話を伺い、出来る限りの力で支えますが)
YU-KI
2017/01/29 16:27
養護施設の女性の謝罪については、多分親がいない貴方は、それだけでハンディを背負っている正しくても非難される、だから強くなりなさいと言いたかったのかなと。
仰るように相手の子のためになりませんが、そもそも施設出身と差別するような子供の親は差別的な考えで子供を育てているだろうし(反面教師で育つ子もいますが、世の中、そんな賢い子ばかりではないので)分かろうとしない人間に言うだけ無駄と思ったのかなと。つまりは主人公は可愛いが、相手や周りはどうでも良いとも取れる……偽善というより私はシビアで冷たいなとも思いました。相手は親がいるから親に任す、私達は施設の子達を守る。

かくいう私の親も施設の子達と遊ぶのに良い顔もせず、差別的な事言ってましたが、私たちの間には問題がないから遊んでましたし、親は親で施設の子達と何かあったんでしょうね。そういう発言をするということは。ただ、小さい頃はそんな事言うなんて恥ずかしい親だなと思いましたが。

杏奈さんはお優しくて公平な見方をなさる方なんでしょうね。だからそんな風に感じるんだと思います。

私はどちらかと言えば、一応注意はしますが逆ギレされたり、無理そうだなと思ったら『それが君の答えかオッケー理解した!』と基本的に時間かけない冷たい人間です(笑)
YU-KI
2017/01/29 16:33
あの主人公、ピアノの練習や音楽の勉強してる所見た事もなければ、医者の勉強してる所も見た事ないんですよね。
コンサートも、あんなに中座してれば干されるし、使ってくれるとこないだろう、と。
この設定は評判悪いですし、担当の人も何か言わなかったのだろうか、と。

待たされて文句言ってた患者も患者ですが、主人公と助手のあの対応はないだろうと思ってしまいました。
でも色々な方がいらっしゃるのですね。
大変なお仕事ですね。尊敬してしまいます。
子宮がんワクチンの回は目を疑ってしまいました。
ワクチンの副作用の疑いで苦しんでる方何人もいらっしゃるのに。
この主人公が、個人的に好きではないのだと思います。
杏奈
2017/02/01 21:24
養護施設の女性は、現在の今の子が同じようなトラブルで、やっぱりただ謝罪した時は、相手の父親は「いや、うちの子も悪かったみたいなので。よく言い聞かせておきます」と言ったら、なんかびっくりしたような顔してたんですよね。
やっぱり相手の親なんて話すに値しないと思っていたのか、怠慢なんじゃないかと思ってしまいました。
いじめの問題なのだから、教師も間に入ってもらうとかしないと、この女性の事なかれ主義のやり方では、何も解決しないじゃないかと思ってしまいました。
自分の子が怪我して帰ってきたら、余裕なくして自分の子が悪かったかも、と思い至らないかもしれないので、事情はちゃんと説明くらいはしないと、と思ってしまいました。
いやいや、そんな優しくはないのですが、なんだか納得いかない場面だなと、読んでいて思ってしまったのでした。
人の親になると、自分の子の事を思うのが精いっぱいになる時もあるかもしれませんね。

作品自体は、感動することも多く、教えられることも多い、いい作品だとは思っているのですけどね。
では♪
杏奈
2017/02/01 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
時々読んでいる漫画雑誌 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる