Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS ここが嫌い「真田丸」その9

<<   作成日時 : 2016/09/10 11:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

毎度の事ですが、「真田丸」がお好きな方はスルーでお願いします。
「史実ガー」ではなく、改悪が嫌いとは言っても、好きな人は改悪と思ってないから好きなわけで、そういう方に、改悪だからと言っても仕方なく、来ないで下さいと言うしかない。
もちろん同じ嫌いでも「ソコジャナイ・・・」と思う人は多いと思いますが。



一応第35話「犬伏」見ましたが、感想はその8と特に変わらず。
だから見てもあんまり意味はないんだよ。
もう見ないし、あらすじも追うかどうか。(何度それを言うか)。

この大河の失敗点の一つは、土台がしっかりしてないと感じるところ。
例えば、三成が名胡桃事件の後でも北条攻めに難色を示していたことに違和感を感じたということは度々触れていますが、この事件の前なら分からなくもない。

大軍で攻めるというのは、楽に勝てそうですが、ロボットじゃないんだから、みんな食わなきゃ死んじゃうわけですし、統制をとるのもかなり大変でしょう。

しかし、名胡桃事件で、北条は総無事令を破った。
しかも、真田に沼田の件で北条に折れるよう頭を下げたのは三成なのに。
総無事令のことを言っていた三成が、総無事令を破った北条を攻めるのに、まだ難色を示しているのはおかしい。
脚本家が、その時代や背景といった土台を理解しないで書いている証拠である。

雑学的な逸話を入れることが、歴史に愛があるわけではない。

また、ここで三成を戦嫌いのように描いておいて、朝鮮出兵の反対場面がなかったり、家康に好戦的だったり、支離破滅である。

ちなみに、文禄・慶長の役がほとんどとばし気味だったり、人が少なくてスカスカだったりは、事情があったり、予算の問題だったりではなく、ただの手抜きでしょう。

とにかく、本作は中途半端に新説を所々入れているが、土台がグラグラなため所詮は欠陥品といえよう。

ちなみに、新説=絶対的に正しいとは限らない。
例えば、関ヶ原合戦の白峰旬氏の新説で、始まったと同時に小早川は裏切り、瞬時に西軍は負けたというのがありますが、それに反する史料もあり、正しいと決まったわけではない。

二次史料でも採用できるものもあり、一次史料でも出来ないものもある。
当時の状況と照らし合わせて、検証する必要がある。

BSで再放送している「武田信玄」も虚実入り混ぜているところを感じますし、三谷氏が好きな大河ドラマだと言っていた「黄金の日々」は、ほぼ創作といってもいいくらいだ。
でも、今作のような不快感はなく、大河ドラマとして見られる。

これはやはり土台がしっかりしているからで、ここがボロボロなのは、本作に限らず、近年のいくつかの大河ドラマに共通する欠点のように思う。
これはNHK全体の問題なのかどうかは分からないけど、こうした傾向にある以上、今は好きな人物が大河ドラマの主役には、むしろなってほしくないように思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 今、たまたま「犬伏」の再放送見ていますが、よくわかりません。いや、駄作なのは当たり前なのですが、なんかネットでは「神回」とか「感動した」とか必死に持ち上げている。いや、これが「神回」なら、これが三谷氏の最大限の限界ってことなんだから、真田丸も、もうおしまいですよ。
 視聴率は15%と低迷ぎみ。あれだけ番宣うってこんなもん。
 正直、なんか人為的な提灯的持ち上げを感じて薄気味が悪いです。
ごん
2016/09/10 13:46
ごんさん、コメントありがとうございます。
なんか、雑な関ヶ原前夜だなあって感じです。
犬伏の別れにしても、三成と信幸や真田家との関わり、豊臣との関わりをきちんと描いてこなかったので、シラけるばかりなんですよ。
信幸と徳川や本多家との関わりも、ちゃんと描いてなかったし。
特に、真田昌幸を馬鹿にしているのですかね、今作は。そして、なんと弱そうな石田三成か。
提灯持ち記事が多いのは、常日頃思っていました。
「花燃ゆ」の時はあれだけ叩きまくっていたのに。
出来でいえば、そう大差ないと思うんですけどね。
視聴率が好調と言われていますが、近年に比べれば多少マシ程度なんですが。
それも最近落ち気味ですし。
このまま1ケタまで落ちて欲しいです。
杏奈
2016/09/10 21:06
 第36回「勝負」をみました。比較的良かったと思います。第二次上田城合戦は、秀忠がすぐ撤退してしまったため、昌幸の活躍シーンはなくなり、関ヶ原の戦いはわずか2シーンでしたが、三谷氏が詳しくやればやるほど、歴史上の人物が貶められるだけですので、詳しくやらない方がいいでしょう。特に関ヶ原の戦いをなくしたのは英断だと思います。

 これまでの流れを見れば、まれに見る酷い関ヶ原の戦いになっていたのが予想されました。三谷の暴走を止めるためには戦いごと消去するより他はなかったと思いますので、この英断をくだしたスタッフに拍手です。
ごん
2016/09/12 21:17
ごんさん、こんばんは。
第36回「勝負」は見てないのですが、関ヶ原はほぼスルーだったようですね。それはそうなるかもしれない、というか、むしろそうなったらいいなと思っていましたが、第二次上田合戦までそんな・・・
しかし関ヶ原とばすなら、嶋左近はいっそ出さないでほしかったです。ほぼ空気・・・・
拙劣に描かれるくらいなら、とばされるのは、たしかに歓迎です。
杏奈
2016/09/14 19:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここが嫌い「真田丸」その9 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる