Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS ここが嫌い「真田丸」その4

<<   作成日時 : 2016/08/20 14:03   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

上手くまとめる能力がないばかりに、ダラダラと続いてしまっていますね。
この次ぐらいで、お終いにしたいです。
こんなゴミ大河の事なんて、いつまでも考えたくない。

今回は、本作の女性描写問題。

BS再放送されている「武田信玄」の「さらば湖衣姫」の回だったか、晴信の側室である、諏訪の姫が亡くなったと聞かされた時の、紺野美沙子さん演じる、正室である三条の方の、口ではお悔やみを言いながら、僅かにこみ上げるかどうか微妙なところの微笑めいた演技にうならされました。(上手い事伝えられませんが)

南野陽子さん演じる、死期が近い諏訪の姫(このドラマでは湖衣姫)の透き通った演技にも魅かれました。

これは女優さんの演技力もありますが、演出、演技指導の賜物でもあると思います。

前に再放送されていた「独眼竜政宗」にしても、そんなに演技の上手い女優さんばかりでないにしても、美しく、魅力的に見せる努力がされていたと思います。

翻って本作、初回の方のきりの泣く演技とか、おこうのわざとらしいゴホゴホとか、コントみたいな演技させられてるばかり。
たまにはコントっぽい場面があったっていいけど、本作はまともな場面の方が少ない。

自分が女優であったら、本作には出たくない。
何の実にもならなさそう。

稲姫(小松殿)と薫(山手殿)の描き方が酷いということは度々触れているけど、本作の薫は、公家の娘という設定にしているのかと思っていたら、経歴詐称してたということになってるらしい。

・・・・・・・謝れ。史実の山手殿に謝れ。

どこまで貶めれば気が済むのか。
大体前半でも人質に行きたくないとかグチグチ言ってたが、実際には上杉へ人質として海津城へ行ってたはずである。

しかも三谷氏は、経歴詐称は、急に考えついたことのように見える。
でなければ、信繁が梅と結婚する時の態度が解せない。

稲姫も憎たらしい。
徳川にチクってやるわ、そんな事させない、と言うおこうとの、吐くほどどうでもいいような言い争いとかもあったけど、そんな事聞かされた方だって、「それがどうした」といったところでしょう。
大体経歴詐称とか言ったら、徳川だって、というか、適当に先祖をでっち上げて名家っぽく見せることなど、けっこう戦国では日常茶飯事だったと聞いたこともあるし、よくこんな下らない場面入れるよな。
大騒ぎすることかよ。バカバカしい。

肝心な場面は何も描かず、どうでもいい場面は入れる。
それがこの「真田丸」。

昌幸の正室の出自は諸説あって、はっきりしてないけど、信玄の正室三条の方の侍女説が無理がなく、今のところ有力なんじゃないかと思う。
一時期、三成の正室の姉妹説なんかもあったけど、これは今では、年代的に無理があると、主に真田研究家から異議がでて、後退気味。

以前書いたように、「真田丸」では抹消されている昌幸の娘の一人が宇多家に嫁いでいるので、混同したのではないかと言われている。
公家の娘説は、昌幸の当時の身分からして無理があるだろうと言われている。

何にしても、経歴詐称なんかするわけないし、酷い場面だ。

大体、おこうは侍女になったんじゃないのかよ。
何故正室に偉そうな口きいてるのか。
おかしいでしょ。
こんな場面入れるなら、何故侍女になるなんて、あり得ないゲスな捏造したのか。

けっこう前のシーンなんぞ今更愚痴ってしまったが、信幸の妻は、なんでこんなおばさんなのかね。
絵面も悪いし。
二人とも、大嫌い。(もちろん史実の小松殿と、おこう(にあたる人物)のことではありません)

秀吉の妹の、旭姫の描写も気になった。
おとなしく、働き者だったというが、いくら年増で百姓の娘で、無理やり夫と離縁され、家康の元に送られたからって、あそこまで醜い描写にすることないじゃないか。
(ドラマ自体は好きじゃなかったけど)「功名が辻」の、松本明子さんの素朴な旭姫の方が、まだ良かった。
今作のアレは、なんか嫌な気分になった。

茶々は、最悪ですね。
竹内結子さんは、可愛いですけど。
評判は悪かったし、下げ描写されてたが、「軍師官兵衛」の茶々の方が、まだ愚かでも一生懸命さが伝わってきてマシだったと思う。
あの茶々は、そんなに嫌いではなかった。
個人的にはね。

しかし、何故どのドラマも、茶々が寧々に失礼な態度を取るような描写を一度は入れるのかね。
実際にはそんな事なかったと思うよ。
二人の不仲説も、今では薄れてきてますし。

寧々ですが、秀吉の死後「誰を信じたらええの?」とオロオロするなど、無能っぽく見えるのは、個人的にはマイナスではない。
寧々が賢妻であったことは確かだと思うけど、ドラマで描かれがちな、何でもお見通しなスーパーウーマンでは決してなかったと思う。

信繁の正室で、大谷吉継の娘の春姫も、なんだかな。
天然といったところか。

きりについては、今更何を言う気にもならない。勝手にすれば?
たまにキャラ変したりもするようですね。

全体的に、無神経で見ていて気分悪くなるような女性ばかりの大河ドラマですね。
ウザイ女性なら過去作にだっていくらでもいますが、「真田丸」の場合、なんというか、低レベルです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここが嫌い「真田丸」その4 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる