Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 「真田丸」第十六回 「表裏」その2

<<   作成日時 : 2016/04/29 20:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

思うに、今回真田、上杉、豊臣といった主人公陣営が、あえて良く描いていないのではないかと言う気が少しする。
一番まともに見えるのが、愉快な徳川一家という体たらく。

実際はあれほど関わっていたか定かではない春日信達謀殺、祝言の場ではなかった室賀返り討ち(しかも、昌幸の無責任発言に原因があるかのような描かれ方。もっとも祝言の回は、きりさえいなければ創作として悪くなかったけど)。
IQ一桁かと思ってしまうほどの出浦や梨といった真田家臣。
後に徳川に回る信幸だけまとも。
妙に情けない上杉、サイコパス集団みたいな豊臣。

大河ドラマで批判されるのが、主人公陣営を持ち上げて敵対する立場の者を貶める描き方をするというのが一つあるけど、そう批判されるのを恐れすぎているのではないかという気がする。
実際はどうかしらないけど、そんな印象をもってしまうほど、(自分にとって)主人公陣営が魅力に乏しい。
本当は、主人公陣営も敵対する方も、双方魅力的に描くべきなのですが。

ところでこの頃、三成は数えで27歳ですね(今でいう26歳)。直江兼続も同じ。
吉継が一つ上(異説もあるけど)。
正則が二つ下で清正が三つ下、だったと思う。

上杉上洛2か月後あたりだったか、三成と増田長盛と連名で、真田は表裏比興の者(と秀吉が言っている)だから、真田に味方するなという書状を上杉のもとに送っているわけだが、景勝は昌幸と秀吉をとりなそうとはしたと思う。そんなような事聞いたこともあるし。
しかし本作の景勝は極めて無責任なので、どうなるか分からない。
次回以降何かあるかな。
ちなみに三成は増田長盛と上杉外交のパートナーだったようだが、ちっとも出てこないのは不思議。重要な奉行の一人のはずなのに。

以前書いた、徳川美術館で見た羽柴秀吉朱印状だが、説明書きをによると、秀吉が家康の叔父にあたる水野忠重へ送った真田昌幸征伐の督励状で、家康に対して真田攻めを勧め、真田に味方しないよう、上杉景勝や小笠原、木曽など周辺大名たちへも協力を求めたことを水野に報告している。
しかしこの書状が書かれた同じ日に、家康は出陣を中止している。
秀吉は、真田と水面下で和睦交渉を進め、家康に対しては征伐の中止を勧告していたためで、表裏を使い分けた秀吉の外交術がしのばれる、とある。

このあたり、次回以降どう描かれるか分かりませんが、昌幸がドラマほど秀吉に対して無策だったとは思いにくい。状況的に。
上洛しなかったのは、領地などについてとかの条件が合わなかったのかなと思いますが、あそこまで無視していたら和睦交渉しようとしないと思うのですが。
ドラマでは信繁のおかげで、とかになるのかなあ。
実際は信繁は上杉についていったわけではないので、送り込んだのは昌幸じゃないかと思うのですけどね。

ちなみに真田との取次も三成の役目だったわけですが、秀吉の真田への態度も表裏があるので、それに従って三成の本作への信繁への態度も、塩対応だったり軟化したりした、とかならまだ分かるのですが、吉継の言い方だと、単に信繁を低く見ていたみたいな感じなので、何それと思うわけです。

なんだかね、茶々に色目を使われた男は消されるなどという下らないホラーなんかより、もっと描くべきことがあるんじゃないかと思うよ。
側室は茶々だけじゃないんだよ。秀頼が秀吉の子ではないというのは、セキュリティ的にあり得ないとは思っているけど、こんな無茶な話もなかったと思うよ。
容認してる秀長も大概だよ。秀長さえ生きていたら、豊臣は・・・とか言わるけど、こんな秀長なら、生きていたって役に立ちそうもない。
茶々の描き方も、「哀しむことをやめたのです」じゃないよ。ただの無責任なホラー女にしか見えない。
二度の落城、親の仇の側室になった、という背景も語られてないし。
茶々の背景は、知らない視聴者の方が少ないと思うし、これから語られるのかもしれないけど、気に入ってた男性が三人いなくなっても平然としてる、頭からっぽの茶々ってどうかと思う。暗い過去があって心に闇を抱えている(という設定なのか?)からって、あんなんでいいのか。
というか、世間のイメージでは、聡明な寧々、頭からっぽの茶々、なんだろうなあ。
その図式は本当にそうなのかと思うのですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「真田丸」第十六回 「表裏」その2 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる