Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 「真田丸」第十四回その2

<<   作成日時 : 2016/04/13 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

注)今更ですが、このドラマが好きな人は不快になるかもしれませんので、スルーでよろしくお願いします。今回は特に、本作の上杉景勝が好きな方は要注意。




このドラマで個人的に一番嫌いなのは、上杉景勝です。
(史実の景勝がどうこうではありません。)
こんな情けない戦国武将がいるか。
景勝にしてはペラペラよく喋るわけだが、ぐっちゃぐっちゃしょうもないことばっかり。
うるさい黙れ、もうしゃべるなと言いたくなる。
こいつほんとうに御館の乱を勝ち抜いたのか?
こいつに負けた景虎ってどんな駄目な奴だったのかと思わざる得ないではないか。

しかも以前にも書きましたが、年配の役者が演じているせいで余計情けなく見える。
目を潤ませるな。キモイわ。
遠藤憲一さんは、好きな役者さんなんですけどね。

戦国武将ですから、卑怯だろうが非情だろうがそういうのはいいのですが、情けなくてどうするよ。
たかが人質の若造に、何弱音吐いてるんだよ。

自分は長いものに巻かれるが、お前はそうなるなって、何勝手な事いってるんだよ。
そんな事知るか。
後の伏線を張ったつもりだろうが、(あんたたち大坂の陣では敵同士だからな)もう心底うんざりした。
それにしても、ミエミエの下手な伏線の張り方だったな。
あんな場面いらんわ。

何が息子のよう、だ。養子の上杉義真はどこ行っちゃったんだよ。
戦国武将が損得勘定で動いて何が悪いのか。
この景勝はなに寝言ばっかり言ってるのか。

自分には魅力のかけらもない上杉景勝だとしか思えないのだが、けっこう人気のようですね。
よく分からん。

以上、ただの本作の上杉景勝への愚痴でした。


他に、やはり壊滅的だった本作の茶々ですが、竹内結子さんのインタビューは良かったと思います。
写真も、可愛いことは可愛いですね。

http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/special/interview/interview24.html#mainContents

大河ドラマで個人的に好きな淀殿は、「江  〜姫たちの戦国〜」の宮沢りえさんの淀殿でしょうかね。壊滅的な大河でしたが、そこだけはちょっと良かったです。

またそのうち続きを何か書くと思います。
とにかく景勝を愚痴りたかったので。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「真田丸」第十四回その2 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる