Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 「真田丸」第十四回 「大坂」その1

<<   作成日時 : 2016/04/11 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とりあえず、簡単に。

徳川側、井伊直政が影も形もない気がするのだが。
今までいたっけ。真剣に見ていたとは言い難いので、見落としてただけかもしれませんが。
関ヶ原ではさすがに出てくるでしょうが、それまで出さない気か?
個人的には別にいいのですが、彦根の人などは、今回新旧両領主がたくさん出番あるかも、と期待してた人もいるのでは?
来年の大河の主役が養母だからとかは関係ないよね。
出てたらすみません。

石田三成初登場、ですが、個人的には

加藤清正に持っていかれた回であった。

出番はわずかだったが、なかなか強烈なインパクトがあったというか、何この清正可愛いな。
戦国無双の福島正則みたい。

石田屋敷にけっこう入り浸ってるらしいという点がポイント。
清正や正則と、最初は悪い関係ではないとなってるのは、自分が知ってる限りでは戦国無双くらいしかないかなあ。

酔ってクダ巻いてる風でしたが、清正の言ってることが、後の事を考えるとなかなか示唆に富んでるというか、切なくなります。

で,三成ですが、戦国無双ファンは「あ、殿だ。」と思った人多かったんじゃないかな。
以前大河ドラマの主役になるなら、で、そういう描かれ方は嫌と書いたんですよね。
ま、主役じゃないからいいか。

しかし、ああいうキャラ造形なら、戦国無双の三成より魅力的な造形にするのは無理だと思う。なので、もっと違う切り口にして欲しかったな。

あそこまで信繁たちに塩対応の意味がよく分からなかった。
ありがちな「出会いは最悪」パターンにするためとしか思えなかったのだが。
「天地人」でもそのパターンだったような気がしますが、別にそんな必要ないと思うけど。

何故三成があそこまで出世したかというと、大名たちへの取次という外交面を買われたことが大きかったのですよね。
とてもじゃないが、外交で出世したような人物に見えないのだが。
事務的には完璧でも、第一印象で不快な思いをさせるという人物が外交で出世できるだろうか。
その辺りをよく考えて描いて欲しかったのだが。
まあこんなもんだと思ってましたけどね。
ハードル下げておいて良かった。

せっかく主人公が上杉にいたというのに、なんで直江と三成の書面交渉といった外交をスルーしてたのか。
あんなしょうもない「鉄火起請」とか入れるなら、その辺り触れておけば良かったのに。
三成と直江の仕事がカットされちゃったよ。
入れるべきものを入れず、どうでもいい場面は入れるドラマだな。

小牧・長久手の戦いもスルーだし、その他の秀吉の動きを全く触れてこないで、いきなり今一番力を持ってるのは秀吉と言われても、何が何やらだよ。
別に合戦シーンをやれというわけではなく、もうちょっと説明があっても良かったと思う。

この大河って、歴史初心者に優しくない大河だと思えてしょうがない。
若い人にも見てもらいたいというのは、現代語しゃべる女子を入れることじゃないだろう。

信繁の「あいつ不快」に直江さんは「あいつああ見えて実はこういう奴なんだよ」とフォローを入れていたが、今まで直江と三成の関係について全く触れてこなかったため、知らない人は「なんでそんな事言えるほど三成のこと知ってるの?」と思ってしまうだろう。

三成と兼続と信繁が一緒にいる場面は、無双ファンの「義トリオ!」の声が聞こえてくるようでしたな。

珍しく三成の奥さんも出てきたわけだが、飯まず女風というかなんというか、美人でもないし残念。何だろう。似たもの夫婦?それとも移ったのか?
猿の下りは微妙に上手かったが。
旦那の上司猿に似てますとか言えんだろうし。
どこで夫の出世に響いてくるかも分からないしね。

三谷脚本ということもあって、劇団系の人とかもけっこう出てる気するけど(気がするだけだが)、こうとか演技が変の上に、ビジュアル面でもテレビの女優さんには負けてしまいます。

今回名前がうたになっていて、秀長の家臣である宇多頼忠の娘であることから来てると思います。
つまり名字。
三成のなにかの書状で奥さんのこと、うたって呼んでたのがあると聞いたことがあります。
名字で呼んでたらしい。これは当時は珍しくなかったとか。
ちなみに戦国無双でも、奥さんの名前うたになってました。

CGMAPとかコーエーさんが協力しているということもあってか、どうにも三成あたり戦国無双臭がしてしまう。ちょっと勘弁してほしい。
あれはあれで好きですが、大河ではやめてほしい。
あの三成像は、あのゲームでこそ映えると思うけど、実際の三成別にツンデレでもコミュ障でもないから。

この大河の女性は、ギャルか飯まず女風ばっかりか。
阿茶さんやこれから登場のねねなどはいいかもしれませんが、そういう登場頻度が高かったり定評のある女性より、今回ぐらいしか登場しないであろう女性やマイナーな女性(女性に限らないが)こそきちんと描くべきだと思うのだけど。

他に三成描写でちょっと思ったのが、信繁の疑問にきちんとは説明しない。
つまり、言わんでも分かるだろうという、頭がキレるが故の欠点が垣間見えたこと。
これは、そういう所はちょっとあったかもしれないとは思う。
あんな感じ悪くではないにしても。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「真田丸」第十四回 「大坂」その1 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる