Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の「あさが来た」(第23週)

<<   作成日時 : 2016/03/12 16:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やはり脚本家はもうすっかりやる気をなくしていると確信した。
脚本家が悪いとか、そういう問題じゃなく、やはり不本意なものを書かされたところがあったのだと思う。

雁助さんですが、マッチ工場なのに落ちてきた石油缶に頭ぶつけたって、かなりの人が突っ込んだと思うし、プロが真面目に書いたとは到底思えない。
それに加野屋を去った時点でかなりの年だった雁助に、娘婿始め家族みんな頼り切りだったとか、おかしいでしょう。
雁助さんだけサザエさんの世界にでも生きてるのか??

雁助とうめについてどれだけしつこく引っ張るの??
中の人たちも心なしか困惑してるように見える。
この二人を好きだった視聴者ほどやっぱり困惑だと思う。
またBGM流してごまかそうとしてるけど、何のために再登場したのかさっぱりだった。
そんなにネタがないのか。

史実にはないけど原案では、刺されたことが生命保険会社設立のきっかけになってたらしいから、それで良かったじゃないか。
何故雁助さんの家族を変に描いてまで、こんなネタいれる必要があったのか。

成瀬仁蔵や井上秀が気の毒になるほど寒い馬鹿キャラと化している成澤と宜。
特に成澤には苛々させられる。
全体的に劣化が止まらない。

養之助が兵隊に行ってしまうため、和歌山に帰ることになった藍之助だが、けっこう年月が経ってるらしいのに、変化も成長も見られないため、あまり同情できず。
この人の大げさで不自然な演技苦手なので、まだ出番あるのか、と思ってしまう。
普通にしていたらまだいいのだけど。

自由とか、自分に向いてることをとか、そういう風潮がこのドラマには強い気がするので、なんかそれはちょっと嫌だった。
時代にもそぐわないと思うし、今だって思い通りに皆生きてるだろうか。
惣兵衛の場合を見ても、たしかに商業より農業の方が合っていたのだろうが、問題は商業より、親とか山王寺屋代々の家族にあったと思う。
この後藍之助をどう描くのか、明治の長男らしくなるのか気になるところ。

千代についてもだが、子供の自由を尊重するとかいう描き方がほんとに嫌だ。
そんなものよりお家の方が大事だろうが。
さっさと優秀な婿養子取らなきゃいけないのに、なにが「千代はまだ・・・・」だ。
ヒロイン上げしているが、あさも新次郎も本当に無能。

養之助の結婚相手を実家に帰してしまったというのは疑問だった。
出発まで一緒にいたいだろうし、準備も手伝ってあげたいだろうし。
死んだわけでもないのに、実家に帰って何するのか。
もう眉山家の嫁になったんじゃないの??
留守を守るのでは??
まあ藍之助が帰ってきたら一緒の家にいるのはアレなのか?

このドラマに不信感を持ち始めったのは炭鉱編のサトシあたりからだが(炭鉱事故を何だと思ってるのか)
ターニングポイントは、新次郎のモデルとなった信五郎さんのお妾さんとその子供たちの存在を抹消してしまったところだと思う。
これはまったくの想像だが、脚本家さんとしてはやりたかったのではないだろうか。
しかし新次郎人気を気にして制作者側はこの史実から逃げたのではないだろうか。
それでやる気をなくしたのでは。

というのは劣化が酷くなったのはそこから(年明けのふゆと亀助の結婚ドタバタ)だし、五代さんの死期を上から言われて引き延ばしたという話もある。

単純に脚本家のせいとかいう問題ではないように思う。

あさの活動なんて、某宗教みたいだし。女性実業家を描くという事をもう放棄してる。
そんなもの真面目に描かなくても視聴率取れてますからねー(棒

脚本家の真意はともかく、浅子さんや春さんの複雑な生い立ちについては改変仕方ないし、ダブルヒロインとして対比を見せるという改変意図も伝わってきた。

しかしお妾さん改変の意図は、ただの卑劣な逃げ、ドラマを描くよりキャラ萌えと媚びに走る放が楽だからそうした、としか見えなかった。
だからここがターニングポイントだと思う。
信五郎さんのお妾さんとその子供たちについて描くのは、制作者は逃げるべきではなかった。
ここで逃げたことで何か大切なもの、気概というものを放棄してしまい、安易であざとくて下手な媚びに走った、そんなドラマになってしまった。そう見えて仕方ない。
せっかく傑作となったかもしれないのに、残念です。

いけ好かないガキとスカした男とのあーだこーだはまだやるのか。
すんなりお見合い、婿養子で良かったじゃないか。
なんで娘についてこんな尺をとるのか。
それに無駄に引っ張ることが多すぎる。

今週は、特に蛇足が多くて酷かった。
広岡浅子のドラマだと考えると眉山家パートも、最早蛇足だが、まだそっちは情緒があるように思う。あさパートもどうせつまんないし。
養之助の件は、あさがプロテスタントになるきっかけにもなるのかな。
養之助が行ってしまって男手が足りなくて困るというなら、以前にも書いたが、この時代貧しいけど子だくさんで口減らししたくて困ってる家なんてたくさんあるだろうから、養子、とまでいかなくても奉公にでも来てもらえばいいじゃないか。
他の家でも兵隊に取られても、まだ子供余ってる家いるだろう。
やること力仕事ばかりでもないので、女の子でもいいと思うぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週の「あさが来た」(第23週) Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる