Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS あさが来た12

<<   作成日時 : 2016/01/30 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週は金・土しか視聴しておらず、あとはよそ様のところであらすじを読んだだけなのですが、とりあえず金・土ですが、うめは予想に反して残ったわけですが、雁助と一緒に出ていくわけでもないのに、あさとの相撲シーンで大仰なBGMで泣かせにいこうとするのはどうかと思った。
BGMに頼りすぎは逆にシラケる。
雁助さんに一度でも一緒になろうと言ってもらえたのは大切な思い出というのは切なかったし、傷心のうめを元気づけようと(ということかな)あさが相撲に誘うのは、シーンとしては悪くなかっただけに残念。
雁助さんの出立はあっさりで寂しかったけど、しょうがないかな。
しかし20年前に出ていった元妻から今更文がって、ちょっと無理やりすぎかと思うけど。

銀行については、ほとんどイメージ映像とナレーション処理。
あっという間に「3年後、大阪で5本の指に入る銀行に・・・」
・・・・広岡浅子という女傑をモデルにしながら、「仕事」をまともに描く気はないらしい。
子供用の算盤をずっと使っていたのも気になっていたんですよね。
まあずっと前から教育教育言ってるので、メインは炭鉱や銀行より、女子大創設にあるんでしょう。と、思うことにします。
あさのドレス姿は素敵だったと思います。

前半では、はつがひさしぶりにあさたちと再会したようですね。
養之助の軍役を逃れさせたいので養子先を探したけど見つからず、でも貧乏農家より兵隊の方がいい暮らしが出来るらしいのあたり、今の格差社会で子供の貧困が問題→安保法案で自衛隊希望者減→自衛隊優遇→貧しい子供が入隊し戦地へ、みたいな図式になるのではということが指摘されたりしていますが、そんなことを思い起こしてしまった。

あさは将来のために、教育にお金を奮発したいと述べていますが、明治政府は国費の8割を戦争に使ったなんてのも聞いたことがあり、やたら軍費を増やしている今の状況もやはり思い起こしてしまいます。
先進国にしては日本は教育にお金を回してないですしね。

宮崎あおいさんは、年を重ねている様を自然に演じられていると思います。
来週藍之助を巡って一波乱でしょうか。
はつ夫婦は、個人的に五代さんとかより素敵な萌え夫婦です。

千代ですが、史実の娘さんの亀子さんがどんな方だったのかは知らない。
しかし、このドラマの千代はなんでしょう。下品で傲慢。
母親面とか汚い言葉使ってたようだし。
今週のラストも、綺麗なおべべ着て着飾っていただけに、母親の悪口言う様が余計下品に見えた。
どんな女性になりたいと思ってるのでしょう。
明治のお嬢様が、こんな風に母親を悪く言うなんて有り得なくないか。
なんでこんな風にしちゃったの??
あさと正反対にした方が面白いと思ったのかもしれない。
かといって、はつみたいにしちゃったらカブっちゃうし、繰り返しになるだけと思ったのかもしれない。
でもさ、こんな設定不快なだけで面白くないよ。
しかも現代じゃなくて明治だよ。
家の者の前でズケズケと母親の悪口言うとか、どんな非常識な娘だよ。
よのが甘やかしたからか?
なんで早いうちに教育係とかつけなかったんだろう。

まあ、あさがなにしろあの時代の普通の女性ではないし、明治でも母と娘が合わなくて、というのはあったかもしれないが、あんなお下品な娘にしなくても。
実際に合わなかったのだとしても、見たいのはそこじゃない。

千代に関しては、周囲が悪かったのではないかと思います。
よのは躾ができる人ではないでしょう。
忠興みたいに厳しく叱ってくれる人がいればあの時の祖父のように、理解者がいてくれるというのはバランスがとれて良かったと思いますが。
うめのようにたしなめてくれる人もいなさそう。
というか、何故いないのか。何故付けておかなかったのか。

新次郎も、この時代に娘が親の悪口言ったら、平手打ちくらいしても良さそうなものなのに、おろおろしてお互いの顔つまむだけ。駄目父親。
自分が贅沢に綺麗なものにも恵まれて生活できているのは誰のおかげなのか、小さいうちから誰も説明してあげなかったのか。
綺麗なものが好きなのに心は汚そうで下品とはどういうことなのか。
実際の娘さんは、よくは知りませんがおっとりした方だったと聞いたことがあります。
母親と合わなかったかもしれませんが、こんなじゃなかったと思いますが。

前半はまだホームドラマパートも、その時代に合ったもののように見えていたし、見ていて疑問に思うようなことも、「この時代は・・・」とナレーション説明することで納得させていたように思います。
ところが段々平成価値観を入れてしまっているように思います。
朝からお妾さんは駄目でも、朝から母と娘の確執はOKなの?
今のひとにも共感しやすいからと言うかもしれませんが、それなら現代のドラマを見ます。
明治のドラマを制作した意味って何よ。それを視聴するのは、その時代の価値観を見たいからです。
大河ドラマでも、当時の価値観ではなく現代の価値観でホームドラマをやるものは嫌がられます。
最初は、もっと骨のあるドラマかと思っていたのですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あさが来た12 Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる