Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あさが来た」その2 ※ネタバレあり

<<   作成日時 : 2015/10/18 10:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最後の方で、今後のネタバレ含む描写がありますので、お嫌な方はスルーで




姉妹それぞれ嫁いだわけですが、これから対比がまた効いてくると思います。
嫁ぐ前の両旦那見せで、玉木宏の方はいいなあ、お姉さん可哀相と思わせておいて、
意外にお姉さんの方が旦那さんと心を通わせ始めているのではないか、と思わせておいて、
姉の方は姑爆弾が待っていた、と。

惣兵衛がはつに着物の反物を選ばせるシーンの露芝に関しての言葉は、視聴者もはつの事だと思ったでしょうし、はつもそう感じ取ったから嬉しそうだったのでしょう。
あんな風に女性を評することのできる男性はそうそういるものではなかろう。
実は教養と感性が豊かなのではと思わせたし、振る舞いや言い方がまた非常に不器用な感じなので、スマートにやられるより、はつ的にも母性本能くすぐられるところがあったのでは。

はつが舟に乗ってお嫁に行くシーンは良かったです。
台本には、はつは泣くとなっていたようですが、それに違和感を感じた宮崎あおいさんにより変更されたようです。
おかげではつより幼い妹のあさが泣くのといい対比になっていたし、はつの不安でいっぱいながら精一杯覚悟を決める健気さと内に秘めた強さが伝わり、よく締まっていた。
つづく白無垢姿のはつと、背後に立つ惣兵衛のシーンも、微妙な表情のみで魅せていた。
余計なナレーションで台無しにしないところも良かったです。
ドラマとはこういうものだよ。

今回、朝ドラにしてはナレーションが過剰でないところがいいと思います。
人物の心情まで全部ナレーションしてしまう朝ドラもあったりしますから。
個人的に近年では「ゲゲゲの女房」がけっこう好きでしたが、ナレーション過多だったのが玉に瑕でした。
そんなの見てれば分かるよ、と。
ラジオドラマじゃないんだから、ちゃんと見てる人より、ながら見の人を重視するような作りはそろそろ改めた方がいい。
ナレーションもだが、説明台詞が多すぎるドラマもいただけない。
工夫してそれ以外の様々な演出、演技でみせてほしい。

全部の登場人物を見る作り手と、その人物に集中する役者さんとでは、見えてくる世界が違ってくることもあるでしょうから、役者さん含めみんなでドラマを作っていく方がいいなあと思うし、今回それが出来ているのかな、そしていい方向に向いたなと思わせるものがありました。

突っ込みどころは色々ありますが。
新次郎さんが祝言の日を忘れてたというのはないでしょう。
前日には家中次の日の準備で忙しかったでしょうし、誰も「明日はいよいよ祝言ですね」とかなんとか言わなかったのか?
当日だって朝からいつもと様子が違ってたでしょうし。
わざと忘れたんじゃないか??
祝言当日に息子がいないのに、両親が大して慌ててもいなければそんなにすまながってる様子でもないのもどうか。

五代氏の描き方だが、・・・・もう少しどうにかならないものか。
あり得ない場面もあるし、なんだかコメディリリーフみたいな扱いだ。
こんな早くに出す必要もないと思うし。
・・・まあいいか、朝ドラだし。

時代背景だが、春さん、浅子さんが正妻の子ではないというのを改変したため、
この時代正妻と妾が同居するというのが大して珍しくなかったということが描かれていない。
なので、浅子さんの夫が、浅子さんが実家から連れてきた女中を妾にして子どもをつくるというのも、おそらくとばされるでしょう。
あさのお付きが若いふゆであれば、「ああ史実通り新次郎さんはこの子と・・」と思うでしょうが、そうすると母親の心遣いが裏目にということもあるしはつの優しさを表わすためでもあるでしょうが、結局あさのお付きが友近のうめになった時点で、「あの史実はとばすな」と思わざる得ないでしょう。

朝ドラは、ヒロイン上げと共に、ヒロインの相手役や親も持ち上げる傾向にある。
浅子さんの父親は、妾の子も分け隔てしなかたということだし、浅子さんの夫のお妾さんの子は、実母より浅子さんに懐いていたという話もあるくらいですが、女中に手を出すというのはまた弱者を手籠めにというイメージもあり、どうしても印象良くない。

また朝ドラは、姑はいけずという傾向もある。
あさの姑は、あさが嫁として不満で、三味線のお師匠さんを新次郎のお妾さんにして子供も産んでもらおうとする。
女中のかわりにお師匠さんを出したわけだが、女中に手を出すよりはなんとなくイメージ悪くならないし、前述した通りこの時代正妻と妾の同居は珍しくなかったという描写がされていないため、ヒロインの相手役である旦那を下げない代わりに、姑がとんでもなく悪い部分を押し付けられているような形になる。
しかもたしか結局妾にしなかったような気がするし(パラ読みなので曖昧)。
まあこのあたりは朝ドラの文法に則った展開といえなくもないし、とりたてどうこうというほどでもないかもしれないけど。
もっとも、あさの姑よのは、かなり天然に描かれているので、はつの方の姑菊よりは大分マシになるとは思いますが。
今後ますます菊のクズっぷりが現われてくるので、姑両方アカン奴だったら、さすがに視聴者はついて行けないでしょう。

いったん切ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「あさが来た」その2 ※ネタバレあり Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる