Cantabile

アクセスカウンタ

zoom RSS 責任はやっぱりプロデューサーかな

<<   作成日時 : 2015/08/23 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どうにも怠け者の性分なのでまた放置気味になってしまっていますが、
とりあえず、元気です。

石田三成が大河ドラマの主役になったら、ということは色々触れていますが、
実際大河ドラマ好きというわけではにのです。
今までも、そんなに見てきたわけではありませんし。

むしろ別の枠の方が、評価の高い時代劇がいくつかあるので、その方がいいのかもと
思ったりもしますが、やっぱり大河ドラマになって欲しいなあという願いは捨てきれませんね。
ただし良作になれば。

一番大切なのは、脚本・演出ですが、良い脚本家・演出家を任命し、どういうコンセプトで作品を作るか決める制作プロデューサーが一番肝要かと思います。
「三成の不思議なる条々」のドラマ化に意欲を示しているTBSのプロデューサーの記事を
ネット上で見つけて「お!!♪」と思ったのですが、
なんかその方の感想が、「うーん・・・なんでそうなる」という感じで、
「とりあえず司馬遼太郎の「関ヶ原」はもう忘れろ」と言いたくなる内容でしたので、
本当にこの作品のドラマ化が実現した暁には、果たしてちゃんとしたものが出来るか
心配になってしまいました。

今年の大河ドラマの失敗は、明らかにプロデューサーの責任だと思います。

ではでは、まだまだ暑いので身体に気を付けましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
責任はやっぱりプロデューサーかな Cantabile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる